勉強をしてくれない子に勉強の楽しさを教える方法とは?

我が子勉強嫌いで、何とか勉強を好きになって欲しいと願う親御さんは多いと思います。

しかし、現実は厳しいもので勉強を一度嫌いになってしまうと、再度好きになってもらうことは至難に技と言っても過言ではありません。

そこで今回は勉強を好きになってもらうために両親が出来る事をまとめてみました。

出来るという感覚を身につけさせる

まず、最初に勉強が嫌いな子たちはどうして勉強が嫌いなのかを考えてみましょう。

その答えはシンプルで、出来るという感覚を持っていないからです。

どうせやっても自分は出来ないと言う感覚こそが勉強を嫌いにしているのです。

つまり、出来るという感覚さえ覚えさせれば自然と勉強が楽しいものだと認識してくれるのです。

それでは、具体的に出来るという感覚が身につくようになる方法を考えていきましょう

どうすれば出来る感覚が身につくのか?

基本的には簡単な問題から取り組む事で出来るという感覚は身につきます。

とにかく、簡単な事でも出来たという事実があれば人は成長します。

しかし、これは日本の教育制度でも既に取り入れられています。

つまり、何処かで躓いた途端に出来なくなってしまうのが現実です。

では、躓かないスピードで勉強すればいいのですが、そんな余裕が今の義務教育にはありません。

では、どうすればいいのでしょうか。

個別に教えていく

現代の教育は全員同じペースで教えてく集団指導型です。

しかし、それでは一度落ちこぼれてしまうと挽回する事は難しいでしょう。

そこで、必要なのが個別指導です。

それぞれのペースに合わせて教えてくれる個別指導では、落ちこぼれてしまうということがありません。

しかし、個別指導を行うには大きな問題点もあります。

それが、費用です。

どうしても個別指導をしようと思うと費用がかかり過ぎてしまいます。

そのため、義務教育に個別指導を期待するのはナンセンスでしょう。

個別塾に通うのが一番効果的

義務教育に期待できないのであれば、個別指導塾に通わせるしかありません。

実際に個別指導塾に通っている子供達の学力と、そうでない子供達の学力を比べても明らかな差があります。

つまり、個別指導塾に通わせることは一定の効果があるということです。

費用的に厳しいという場合は?

個別指導塾に通わせると言っても費用的に高額で厳しい場合もあるでしょう。

普通の塾ですら難しいと言う家庭もあるでしょう。

そんな時にオススメしたい教材がスタディサプリです。

スタディサプリとは?

スタディサプリとは動画視聴型学習プログラムの一つです。

予備校の授業でも主流となっている学習プログラムで動画だからと言って質が悪いと言うことはありません。

スタディアプリ小中学講座では小学4年生〜中学3年生が対象でそれぞれに合わせた学習動画が用意されています。

さらに、中学講座では個別指導コースも用意されており、担当コーチによる指導やスケジュールの作成も補助してくれるので、かなり本格的と言っていいでしょう。

さらに、嬉しいのが月額980円という安さです。

個別指導コースを選んでも月額9800円なので、普通に塾に通わせるより圧倒的に安く指導してもらえます。

動画で本当に勉強してくれるのか?

動画なんかで本当に勉強をしてくれるのかと言う心配もあると思います。

しかし、今の子供達はYouTubeの視聴が当たり前で、普段から動画を見ることが当たり前となっているのです。

実際に、YouTubeの中にも沢山の学習系チャンネルが開設されており、かなり多数の登録者を集めるチャンネルも出てきています。

それだけ、動画を通して勉強するのが当たり前になってきているのです。

じゃあ、「YouTubeの無料動画を見ていれば良いのではないか?」と思う親御さんもいるでしょうが、それでは全ての学習範囲をカバーすることは出来ません。

YouTubeの場合は再生数を集めるために重要な部分しか、動画を作っていないのです。

それに比べて、スタディサプリは教科書に沿って、全ての教科の動画が用意されているので、順番通りに進めていくことが出来ます。

最初の14日間は無料で体験できますので、ぜひ一度使ってみてください。

その結果、合っていれば続けていただき、合わなければ止めても問題ありません。

コメントを残す