タクシー代を無料にする方法/1回限りの裏技

雨の日や疲れた日の帰り道などは、タクシーを利用したくなる事ってありますよね。

でも、駅から自宅までのタクシー代でも1000円~2000円かかるので、乗りたい気持ちを抑えて歩いて帰る事も多いと思います。

しかし、1回だけの限定ではありますが、2000円分のタクシー代を無料にする裏技があります!

配車アプリMOVを使う

最近流行のタクシー配車アプリ「MOV」を使えば初回限定ではありますが、2000円までのタクシー料金が無料になります。

2000円を超えた場合でも、2000円引きになるのでかなりお得にタクシーに乗れます。

提供エリアも東京・神奈川・京都・大阪・兵庫と関東・関西を中心に広範囲で利用可能です。

また、順次拡大していくそうなので、今は提供エリアに入っていないという人もいずれ利用できると思います。

クーポンの取得方法

MOVでは普通に登録すると500円分のクーポンしか発行されません。

ですので、登録時もしくは、登録後にクーポンコードを入力してください。

2000円分のクーポンコード:mf-zjvm87

このクーポンを使う事で2000円引きでタクシーに乗れちゃいます。

MOVを使うメリット

MOVに限らずタクシー配車アプリは、近年利用者が急増しています。

その理由は様々なメリットがあるからです。

どんなメリットが得られるのか見てみましょう。

・流しのタクシーを捕まえる手間が省ける

・アプリで支払いが出来る(現金が不要)

・迎え場所・行先をアプリで伝える事が出来る

・タクシー会社に関係なく近くのタクシーを呼べるので待ち時間が少ない

・お迎えまでの目安時間がリアルタイムで分かる

・様々なキャンペーンや割引制度が利用できる場合がある

ざっと挙げてもこれだけあります。

今までは、流しのタクシーやタクシー会社に電話をする手間がありましたが、それが無くなっただけでもかなり便利だと思います。

MOVを使うデメリット

もちろん、MOVにはデメリットも存在します。

ご利用の際は、これらを承知の上でご利用ください。

・迎車料金がかかる(タクシー会社により異なる)

・駅前など呼ぶことが出来ない場所がある

迎車料金については、電話で迎車する時と同じ金額がタクシー会社から請求されます。(アプリ会社に支払う手数料の負担はありません)

ですので、通常のタクシー料金よりも少し割高なってしまいます。

流しのタクシーにしか乗らないという人からすれば、実質値上げになってしまいますが、指定場所に来てくれるというメリットもあるのでそれほど問題ではないと思います。

また、迎車料金は会社によって異なりますが300円前後なのでそれほど大きな負担になる事は無いと思います。

次に、駅前などに呼ぶ事が出来ない件ですが、当たり前と言えば当たり前ですね。

駅前にはタクシーの行列があるので、それを利用するのが一般的です。

ただ、駅から1分~3分ほど歩けば、配車禁止エリアから外れるので、行列に並ぶのが嫌な人は少しだけ歩いてください。

個人的にはそれほどタクシーに乗る機会はありませんが、たまに使う時は必ずMOVを使うぐらい使いやすいサービスなので、ぜひ一度無料で試してみてください。

コメントを残す