失敗を恐れて動けない時はどうすればいいのか?

人間は誰しも失敗するのが怖いと感じていると思います。

その結果、挑戦できずに諦めたり、控えめに挑戦してしまう事もあるでしょう。

実際に私も沢山の事を諦めてきましたし、大幅に規模を縮小して実行した事もあります。

これは、ビジネスではもちろん、プライベートでも言えます。

そこで、今回は私のように失敗を恐れて動けない人が、どのようにすれば動けるのかを考えていきましょう。

どんなリスクがあるのか考える

まず、その挑戦をする事でどのようなリスクが存在するのか考えていきます。

例えば、投資を例にしてみましょう。

投資に必要な資金は、どのような投資をするかによって全く異なってきます。

そして、一部の投資を除いては、用意した資金以上に損失を出す事はありません。

つまり、投資はリスクが限定されるのです。

もちろん、時間的リスク・精神的リスクが存在しますが、今回は考えないようにしましょう。

素人でも分かりやすい投資の一つが株式投資です。

信用取引などはリスクが限定されませんが、現物取引ではリスクが限定されます。

パズドラの運営でおなじみのガンホー株は、たった数年で100倍以上の価値にまで膨れ上がりました。

もし、100万円を投資していれば、1億円が手に入ってことになります。

このように、今は価値が少ないけれど、価値が出てくる株は沢山あります。

そして、例え倒産したとしても100万円が消えるだけなので、恐れるほどのリスクではありません。

これでも、本当に失敗を恐れて動けませんか?

少し前の私なら間違いなく動けなかったと思いますが、今なら動けます。

リスクを把握すれば、どんな事も動けるようになるのです。

ノーリスクなのに動けない事も

ノーリスクなのに動けない事もあります。

その代表例が告白です。

時間的リスク・精神的リスクは伴いますが、その他のリスクはと言うとゼロです。

なのに、行動に移せない人も多くいます。

他にも、友達作り・新規営業なんかもノーリスクで始められるのに行動に移せないで悩む人もいます。

金銭的・生命的リスクがゼロであれば、それはノーリスクです。

失敗した時の事など考えずにどんどん動きましょう。

想定リスク以上の損失も考える

ここまでは、とにかくリスクを把握して動くように言ってきましたが、そうでない場合もあります。

それが、想定リスク以上の損失です。

特にビジネスをする上では想定以上のリスク(出費)などもあります。

勉強不足と言えば、それまでなのですが、どんなに勉強しても難しい場合もあります。

そこで、必要なのが余剰金です。

どんな時も最終的に助けてくれるのはお金です。

お金さえあればと言ういい方は、あまりよくありませんが実際そのようなケースがほとんどです。

なので、想定リスクの0.5倍ぐらいは余剰金として残しておきましょう。

100万円をリスクとするなら、50万円は余剰金として別途用意すると言う事です。

そうすれば、想定外のリスクにも耐えられるようになります。

失敗すらも価値に変える

そもそもですが、失敗を失敗で終わらすのはかなりもったいないです。

失敗すらも価値に変える方法が世の中には沢山あります。

その一つがブログです。

失敗談と言うのは、アクセスも得られやすくお金に変えられます。

そう思えば、失敗したいと思いませんか?

「若いうちの失敗は買ってでもしろ」といいますが、まさにその通りです。

ぜひ、失敗してください。

コメントを残す