私が貯められる体質になった貯金術

今回は、私が貯められる体質になった貯金術をお話ししたいと思います。

私は、会社員として働いており、決して多くの給与を頂いているわけではありません。

そのため、何の工夫もせず、欲望のままにお金を使っていれば、全く貯金はできません。

社会人になったばかりの頃は、「人生を楽しむため」と言う名目で何も考えずにお金を使っていました。

しかし、年齢を重ね、さらに現代社会の不安定な状況を目の当たりにして、やはり貯金をしないことは人生において、かなりのリスクだと考えるようになりました。

そこで私は、自分でも負担なく貯金ができる方法を考えて、実践してみることにしました。

今回は、その中からオススメできる貯金術をご紹介させて頂きます。

貯金の基本は、先取り貯金!さらにプラスアルファ

まずは、やはり貯金の基本は先取り貯金です。

やはり、これに勝る貯金法はないなあと思います。

さらに、私はこの貯金法にプラスアルファをしています。

それはどう言うものかと言うと、お給料日にまずは一定額を引き出して貯金用の口座に移します。

これは、皆さんご存知の先取り貯金ですよね。

私はこれプラス、次の給料日の前日に給料振り込み口座から、状況を見ながら再びお金を引き出して貯金用の口座に移すようにしています。

つまり、給料日プラス給料日の前日の二回貯金をしているのです。

給料日の前日に引き出す額は、残高の状況などを見ながら判断していますが、必ず引き出して貯金に回すようにしています。

この方法で貯金を行うようになってから、圧倒的に貯金額がアップしましたし、さらには、給料日前にもう一度引き出さなければならないと意識することで無駄遣いが減りました。

さらには、お金を使う際に慎重になったことにより、本当に必要なものや自分のやりたいことを見極める力がついたように思います。

三つの口座を上手くコントロールすることで貯められる体質に

次に、私は銀行口座を三つ持っているのですが、これこそが貯められる体質になったポイントかなあと思います。

私の三つの口座は、一つ目が給料振り込み口座、二つ目が貯金用の貯蓄貯金口座、そして三つ目が副収入用のネットバンキングです。

このように分けることにより、使って良いお金、使ってはいけないお金の判断が明確になり、ストレスなく貯金ができるようになりました。

具体的には、給料振り込み口座のお金は先取り貯金の一定額と給料日前日に貯金に回す分以外は、ある程度自由に使えるお金です。

貯金用の貯蓄貯金口座は、絶対に引き出すことができない口座として利用しています。

こちらの口座に、先取り貯金とプラスアルファ分のお金を貯金しています。

引き出すことが基本的にはない口座なので、貯金額が増えるほどに利率が高くなる貯蓄貯金口座を利用しています。

そして、私はクラウドソーシングの副業を行なっているので、そちらは振り込み手数料が割安になるネットバンキングを利用しています。

ネットバンキングに振り込まれる副業で得たお金は、大きな額ではないので基本的には貯めっぱなしにしていますが、ある程度貯まったら欲しいものを買ったり、旅行に行く際の足しにしたりと、基本のお給料を無駄に減らしたくない時に使っています。

また、特に使う予定はなく、一定の額が貯まった場合は半分の金額を貯蓄貯金口座に移し替えて、貯金額をさらに増やすようにしています。

そうすることで、貯金額が目に見えて増えるので貯金のモチベーションが高まります。

地味にコツコツ500円玉貯金

私は、お馴染みの500円玉貯金も行っています。

私の場合、お金が貯まっていく様子を見るとモチベーションが上がるので、中身が見える瓶などに500円玉貯金をしています。

中身が見えない貯金箱で行っていた時と比べて、圧倒的に貯まるペースが早くなったので、500円玉貯金を行っている人には中身が見える瓶などに変更するのをオススメします。

こちらの貯金分は、貯まった時の状況に応じて使うか口座に入金するかを決めています。

このように、状況に応じて臨機応変に無理なく貯金していくことも貯められる体質になるコツかなあと思います。

意外?きちんと記帳が貯金のコツ

最後に、やっていない人が案外多くて、やるだけで自然に貯められる体質になれるコツをお話しします。

それは、お金を入金する時、そして引き出す時には必ず通帳の記帳をすることです。

私も以前はそうだったのですが、私の周りでも通帳を持ち歩くのが面倒だからとカードで出入金を行う人がとても多いです。

しかし、カードで出入金を行うと口座にいくらお金があるか把握が難しくなり、ついつい使い過ぎてしまったりと危機管理が難しくなって、貯められない体質を助長してしまうことになります。

そうならないためにも、お金を引き出す時や入金する時も通帳を持参するようにしましょう。

そうするだけで、無駄遣いが減り、さらにはモチベーションも高まるので、記帳する手間を省かないように心がけてみてください。

きっと、あなたの貯金額は目に見えて増えていくはずです。

いかがでしたか?

少しでも、参考になれば幸いです。

コメントを残す