いま、個別株を買うならどこを買うべき?1年後には資産2倍に?おすすめは株式会社BASE

株取引をしてみたいけど、どの株を買えば儲かるのかわからないという人も多いと思います。

私も、どの株を買えば儲かるかなんて分かりません。

どんなに優秀なAIを使おうとも、株価の予想に絶対はなく、外れて損をしてしまう可能性はあります。

ただ、現在の業績や今後の業績予想を把握し、未来の需要を察知できれば、今後上がる可能性の高い株というものが分かります。

そこで、今回は完全に個人の見解で選んだ、1年後には2倍になっているであろう株をご紹介します。

1、BASE株式会社

BASEは、「ネットでお店が作れるサービス」を提供している企業です。

テレビCMやYouTubeCMで見かけることが多いので、知っている人も多いでしょう。

これまで、ネットでお店を作ろうと思うと、それなりの知識が必要であったり、初期費用が必要であったりと、個人には少し手を出しづらい環境でしたが、BASEは初期費用無料で誰でもネットショッピングサイトを持つことができます。

つまり、自分で作ったハンドメイドの商品や雑貨屋で仕入れてきた商品で、今すぐにでも商売を始められるということです。

さらに、メルカリや楽天などと違うのは、完全にオリジナルのページで作成できるという点です。

BASEの存在を知らない人であれば、完全にゼロからショッピングサイトを立ち上げたように見えます。

こういったように、本格的なショッピングサイトを知識ゼロから立ち上げられるという事もあって、多くのショップオーナーが登録しています。

CM効果もあり、さらに店舗数が増え、1年もしないうちに株価は2倍以上になるのではと予想しています。

2、株式会社ココナラ

ココナラは知識やスキルの売買ができるプラットフォームを提供する企業です。

例えば、動画編集のスキルを売ったり、絵を描いたり、WEBサイトを制作したり、マーケティング戦略を考えたりと、本当にさまざまな知識やスキルが出品されています。

これだけを見ると、クラウドソーシングと同じように捉えられていますが、クラウドソーシングよりも手軽で、個人が活躍できる場所というイメージです。

なので、本格的にお金を儲けたいという人よりも、趣味を売りたいという人が多いような感じがします。

これからは、今よりも趣味をお金に変換したいというニーズが生まれてくると思います。

そういった時に使われるのがココナラで、まだまだ伸びていくと思います。

3、株式会社マネーフォワード

マネーフォワードはクラウド会計システムや家計簿アプリを提供する企業です。

コロナ後の経済では副業を始める人、フリーランスになる人、会計業務をもっと手軽に安く抑えたい企業が増えると考えられ、いずれもマネーフォワードのようなクラウド会計サービスを利用するシーンが増えてきます。

これまでは、会計ソフトを購入して対応していたという企業でも、これからはクラウドに対応を検討するという企業も多くなるでしょう。

その理由の一つが、法改正の早さです。

法律が変わるたびに、ソフトを買い替えたり、カスタマイズしたりと大変な事も多い会計業務ですが、クラウドソフトであれば、そういった法改正にも瞬時に対応してくれ、悩む必要がなくなります。

この便利さを知ってしまうと、もう買い切りソフトなんて使えません。

競合も多くいますが、マネーフォワードが様々なサービス展開をしているということで、ユーザーから収集しているデータの量が大幅に多いと思うので、一番便利で使いやすいサービスを提供してくれるのかと考えています。

4、株式会社カラダノート

カラダノートは、ITの力で子育てを支援するサービスを提供する企業です。

これからの時代は、ますます子育てが難しく、子供を育てにくい環境になると予想されています。

しかし、ITの力を使えば、少しでも子育てしやすい環境になるのではと考えています。

現時点では記録をつけたり、情報を収集するツールを提供しているようですが、これからは、この記録データを活用し、さまざまな予測が可能になってくのではと思います。

そうなると、子育てのハードルが下がり、少子化対策にも何か役立てそうな気がします。

まだまだ、未知数ではありますが、これからの期待もあり、伸びていくのではと考えています。

5、株式会社enish

enishはスマホゲームを開発・運営する企業です。

これまで、人気IPのゲームを提供してきたのですが、注目はされるものの爆発的にヒットしたというゲームはなく、低迷状態にあります。

ただ、2021年9月に配信する「彼女お借りします ヒロインオールスターズ」は市場での評価も高く、配信が決定した瞬間には大幅に株価が上昇しました。

様々なアニメとのコラボということで、多くのユーザーを獲得できると予想されており、ゲームの仕組み次第によりますが、それなりのヒットを記録するのではと予想しています。

また、課金要素も強いと思われますので、売り上げ的に期待できるのではないでしょうか。

9月に配信されてからの数ヶ月でどうなるか決着が決まる短期勝負ではありますが、資産が2倍以上になる可能性も高いのかと考えています。

以上、5つの銘柄が1年以内に資産を2倍にしてくれそうな企業でした。

もちろん、個人の予想ですのでは外れる可能性が高いとお考えください。

くれぐれも、投資は余剰資金、自己責任でお願いします。

コメントを残す