大手と中小ではどちらで働くのがいいのか?

就職活動中の方や転職活動中の方が悩める問題の一つとして、企業選びがあると思います。

その中でも、大手を選ぶか中小を選ぶかで対策が全く異なり、今後の人生も大きく変わってくるでしょう。

私は大手も中小も経験してきて、それぞれの長所と短所をこの目で見てきました。

そこで、今回は大手と中小それぞれの長所と短所を私なりの見解でまとめてみました。

 

大手の長所

  1. 中小企業と比べて倒産の危険性が極めて少ない
  2. ネームバリューがある分、社会的地位が高い
  3. 優秀な社員と仕事できる可能性が高い
  4. 給料やボーナスが高額な可能性が高い
  5. 社会的価値の高い大規模プロジェクトに参加できる可能性が高い
  6. 手厚い待遇が受けられる

 

大手の短所

  1. ライバルが多く出世競争が激しい
  2. 自分のアイデアや提案が通りにくい
  3. ルールに縛られて自由な行動ができない
  4. 大人数との人間関係に苦しむ事がある
  5. 経営陣との距離が遠い
  6. 仕事が細分化されており、自分のやっている仕事の全体像が見えない
  7. 全国に支社がある場合は望まない転勤の可能性が高い

 

中小の長所

  1. 自分の意見やアイデアが通り易い
  2. 経営陣との距離が近い
  3. ライバルが少ない分、出世がしやすい
  4. 会社の成長を身近に感じる事ができる
  5. 成長率でいうと大手以上の可能性を秘めている
  6. ルールや規則の改定が容易

 

中小の短所

  1. 大手と比べて倒産の危険性が極めて高い
  2. ネームバリューがない分、社会的地位が低い
  3. 少人数との人間関係に苦しむ事がある
  4. 一人一人の負担が大きい
  5. 給料やボーナスに満足行かないケースが多い
  6. 大手と比べて規模の大きな仕事ができない可能性が高い
  7. 福利厚生が不十分な事が多い

 

総括

思い当たる限りの長所と短所を見ていただきましたがいかがでしたでしょうか。

それぞれに、いい部分や悪い部分があり、どちらが良いのかは個人によって異なる事でしょう。

私の場合はどちらかというと、中小企業の方が向いていると感じました。

その理由は単純で個人の裁量が大きく、縛られる事が嫌いな私にとっては最高の環境だからです。

もちろん、安定が欲しいといった気持ちも、ないと言えば嘘になりますが、安定よりも大切なものもあります。

いくら、安定していても辛ければ仕事をしている意味がありません。

就活中や転職をお考えの皆さんは、それぞれの長所・短所を改めて見直し、自分がどちらに向いているのか検討しましょう。

特に転職を考えている方は、今いる環境が本当に自分に向いていないのか改めて考えましょう。

正直、これだけ人手不足が騒がれる現代では、大手でも中小でも求職者にとっては入りやすいと思います。

こちら側が選べる時代の今だからこそ、吟味してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す