電子書籍よりも紙の本が良いと思う理由

24 views

突然ですが、皆さんは本を読みますか?

ひと昔前では紙の本が当たり前でしたが、今では電子書籍を使っている人も多いのではないでしょうか。

実際に私も電子書籍派で、ビジネス書も漫画も雑誌までもが全てが電子書籍でした。

何と言っても、スマートフォン一つで何十冊もの本を持ち運べるのは、たくさんの本を同時に読み進める私からすれば最高の革命でした。

しかし、ある事をきっかけに電子書籍を辞め、紙の本へ戻る事になりました。

 

電子化されていない本が意外と多い

ほとんどの本が電子書籍化されていますが、中には紙の本しか売っていない物もたくさんあります。

つい最近、ある本がどうしても読みたくなり、Kindleやkoboで探すと電子化されておらず、紙の本を買わざる得ない状況がありました。

それが、私と紙の本が再開したきっかけでした。

それ以降は、紙の本の虜になり、今までは本屋で読みたい本を探して電子書籍を買うのが日常でしたが、その場で買うようになりました。

 

紙の方が集中して読める

電子書籍はたくさんの本を持ち運べたり、荷物にならなかったり、値段が少しやすかったりとメリットもありますが、デメリットもあります。

それが、通知です。

例えば、本を読んでいる時にLINEの通知や仕事のメールがあれば、無視するわけにはいきません。

重要でないものについては、無視する事もありますが、集中力を奪われる事には、変わりありません。

このせいで、本を読むスピードが遅くなっていたのが悩みだったので、本当に紙に戻してよかったと思います。

また、終わりまでの目安が一目でわかるのも、集中力を高めてくれます。

電子書籍でも現在の読了率を表示してくれる機能はありますが、直感的にどれくらいなのか読み取る事はできません。

例えば、80%であっても、残り30ページ場合もあれば、100ページ以上残っていることもあるでしょう。

少しづつ、残りのページが少なくなっているのを直感的に感じるだけでも、本を読む楽しみが増えます。

 

バッテリーの消費問題が解決出来る

私はiPhoneを利用しているのですが、モバイルバッテリーは重たいので全く利用していません。

なので、一日中使っていると、帰る頃には残量がギリギリという事も珍しくありませんでした。

ただ、電子書籍を辞めてからは、移動中のスマホが極端に減ったため、残量に悩まされる事が少なくなりました。

おそらく、電子書籍だけに集中していれば、バッテリー問題に悩まされる事はないのでしょうが、楽しい事に負けてしまうのが人間です。

YouTubeを見てしまったり、ゲームをしてしまったりと全て同じ端末で出来てしまうので、どうしてもそちらに手が伸びてしまいます。

本当に自分が弱いだけなのですが、紙の本にする事で、この問題はほぼ解決する事ができました。

 

紙のデメリットは?

ここまで、紙の良さを伝えて来ましたが、デメリットも多数あります。

その中でも、一番は値段が高い事です。

中古を買えばいいのですが、どうしても潔癖症の私からすると、それが出来ません。

特に今まではkoboをメインで使って来たので、元の値段が安いのはもちろん、クーポンを使う事でさらに安く買っていました。

紙と比べると半額以下になる事も度々です。

それが、紙では全く割引がなく、本当に出費が増えています。

それさえ、解決できれば、荷物になるなどの他のデメリットは、さほど気になりません。

ぜひ、電子書籍に乗り換えられた人や初めから電子書籍しか読んでいない人は、紙の本を今一度読んで見てはいかがでしょうか。

もしかすると、私のように紙の本にどハマりしてしまうかもしれませんよ。



最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事が少しでも面白かった・役に立ったと思ったら下のシェアボタンよりシェアをお願いします。

また、感想やご意見などもコメントにてお待ちしております。

コメントを残す