ドン・キホーテから発売の格安PCは買いなのか?

株式会社ドン・キホーテは2017年12月1日よりドン・キホーテのプライベートブランド「情熱価格」の新商品として「MUGA(無我)ストイックPC」を発売することを発表しました。

なんと、このPCの値段が19800円(税別)と家電量販店であり得ないぐらい安いのです。

どうして、ここまで安いのでしょうか。

というより、ここまで安ければ不安になる人も多いでしょう。

そこで、今回は本当にこの「MUGA(無我)ストイックPC」は買いなのか考えてみました。

 

気になるスペックは?

まず、初めに皆さんが一番気にされているスペックを見ていきましょう。

スペック

プロセッサ:Intel ®ATOM x5-Z8350(Cherry Trail)

プロセッサスピード:1.44GHz/最大1.92GHz

システムメモリ:LPDDR3 2GB(増設・変更不可)

インターフェイス:

USB3.0×1 / USB2.0×1

Mini HDMI×1

Micro SDスロット×1(最大64GBまで)

3.5mmイヤフォンオジャック×1

重量:約1,200g

O S:Windows 10 HOME 64bit

無線LAN(Wi-Fi):IEEE802.11b/g/n

通信:Bluetooth®4.0

サイズ:幅約329mm × 奥行約219mm × 高さ約20mm

バッテリー:10,000mAh  駆動時間:約7時間 ※3

ストレージ:eMMC 32GB

ディスプレイ:14.1インチ IPS液晶1,920×1,080ドット

カメラ:30万画素(インカメラ)

スピーカー:1W×2

ビジネス統合ソフト:Kingsoft WPS Office

 

値段の割には悪くない

欲を言えば、プロセッサとメモリをもう少し頑張って頂きたいところですが、値段が値段なので贅沢も言えません。

その他の部分でも十分すぎるぐらい機能が備わっており、キングソフトのOfficeまで付いてくるのは驚きです。

マイクロソフトのOfficeとの互換性もよく、普通の仕事でも使えるはずです。

おそらく、同等のパソコンを家電量販店で買おうと思うと、安くても3万〜4万はするはずです。

そう考えれば2万円で買えてしまうのは、安すぎです。

 

デザイン性も抜群

正直、発表された時はデザイン性がイマイチなPCなのだろうと思ったのですが、最新のウルトラブックのようなスタイリッシュなデザインで、どことなくMacBookなどにも似ていると感じました。

しかも、重さも1.2Kgしかなく、持ち運びにもかなり便利です。

私は持ち運び用としてMacBook Proを愛用しているのですが、少し軽くなるのであれば、乗り換えてもいいのかと思いました。

 

基本的にブラウザーとOfficeだけ

スペックを見ていただいて分かる通り、お世辞にもそれほど優れたものではありません。

なので、利用用途としてはブラウザーとキングソフトのOfficeだけになるのが一般的でしょう。

間違いなくいないと思いますが、このパソコンに動画編集ソフトや写真加工ソフト、イラストレーターなどを入れようものなら、おそらく全く動かなくなります。

なので、ブラウザーとOfficeさえ使えれば大丈夫といった人が2台目のサブ機として利用することをお勧めします。

結論としては、十分買いではありますし、私も少し迷っています。




コメントを残す