2018年のビットコインはどう動くのか予想してみた

2017年は仮想通貨元年と呼ぶにふさわしく仮想通貨が盛り上がりを見せました。

ビットコインにおいては一時1BTC200万円を超える場面もあり、バブルと叫ぶ人や当たり前の現象だと提唱する人など様々な意見がありました。

ビットコイン以外のリップルやイーサリアムなどの仮想通貨も同じような現象が起きており、次に急騰するのではとも言われています。

そこで、今回は2018年のビットコインの値動きを現在わかる範囲の情報を使って予想していきたいと思います。

 

懸念されていた利益確定売りは限定的

年明け後は、税金の関係で2017年に利益確定できなかった組の売りが殺到して大きく下げると予想されていましたが、1月2日現在では、そのような様子はありません。

もちろん、1月2日時点なので東京証券取引所が動き出したあたりから利益確定が出てくる事も考えられますが、おそらくないと予想しています。

理由としては、ビットコインの多くは個人投資家が保有しており、利益確定をするなら営業日など関係なく行ってくると予想できるからです。

よって、懸念されていた年始一発目の利益確定下落は回避出来たのではと思います。

 

バルブが弾けるのはまだまだ先

ビットコインを含む仮想通貨の値上がりはバブルだと叫ぶ人もいますが、私は当たり前の現象だと思っています。

理由は現在の通貨では送金に手間がかかり、これからのグローバル社会に適さないと考えているからです。

しかし、日本では一部のリアル店舗やネットショッピングを除き利用できない状況で、まだまだ通貨と呼ぶには早すぎるほど通貨としての働きをなしていません。

今後も日本に限らず世界的にビットコインがリアル店舗やネットショッピングで自由に利用出来ない状況が続けば、バブルとなり弾ける可能性も十分にあります。

ただ、これには予め時間がかかる事が分かっていたので、バブルとなり弾けることがあったとしても、かなり先の将来だと思います。

 

1BTC300万円を越すのも時間の問題

私の予想ではビットコインは間違いなく200万円まで戻ることはもちろん、300万円を超えると考えています。

具体的にいつになるかと言われると、難しいですが一度勢いがつけばすぐに超えるはずです。

ただし、300万円を超えると一度は利益確定で大きく下がります。

まさに200万円を超えた時のように、50万円近く下がり、そこでもみ合いが続くイメージです。

短期筋も多く参入している現在では、仕方ないことなので、高値でエントリーしないように注意しましょう。

 

長期筋なら買い

私の予想ではまだまだ上がると思うので長期筋の人は迷わず買いで問題ないと考えています。

もちろん、大きな下落なども考えられるのでレバレッジには気をつけなければなりませんし、あくまでも余力資金内で取引を行ってください。

ここでの内容はあくまでも予想ですので、実際の取引は自己責任でお願いします。

コメントを残す