お金持ちになりたいなら貯金をしろ

よく、「金持ちになりたければ貯金をするな」という名言を聞いたことはありませんか。

これは、低金利時代に貯金をしても意味がないので、それだったら自己投資や投資に使った方が良いという考え方です。

確かに、低金利の時代に貯金をしてもお金は増えませんし、せっかくのお金が無駄に眠ってしまうだけになります。

しかし、私はお金持ちになりたければ徹底的に貯金をするべきだと思っています。

というより、貯金無しでお金持ちになる方法など皆無だとも思っています。

今回は、どうしてお金持ちになるためには貯金が必要なのか解説していきます。

元手がなければお金持ちにはなれない

お金持ちになるためには、基本的に何かの事業を始めるか、投資をするしかありません。

つまり、少なからず元手が必要になるという事です。

最近では、ブログやYouTubeなど元手がほぼ必要ないビジネスモデルも存在しますが、それでも多少のお金は必要です。

機材の購入費などはもちろんですが、それ以外にも時間を確保するために経費が必要になる場合もあります。

例えば、自炊をコンビニ弁当に変えたり、通勤の際に着席保証の座席を取ったり、洗濯物の一部をクリーニングに変えたりと、間接的な経費が掛かってきます。

このことに気が付かず、事業を始めようとすると、かなり生活が苦しくなり続けたくても続けられなくなるでしょう。

なので、どんなに初期費用が掛からないビジネスを始めるにしても100万円は必要だと考えてください。

あくまでもこれは、無くなってもいい100万円です。

明日、急に全額が消えたとしても生活に支障が全くでない100万円です。

もし、これが準備できないのであれば、投資はもちろん、事業もやるべきではありません。

お金がある事で選択肢が増える

お金があると、これまでは絶対に取る事の出来なかった選択肢を取ることもできます。

例えば、1日1更新のブログを書いていたとします。

しかし、急用を思い出して、作業が中断してしまい、1日1更新のルールが守れなかったとします。

普通であれば、更新を諦めて翌日から頑張ると思います。

しかし、お金があれば、すぐに書いてくれるライターを探して、何とかルールを守ることだってできます。

他にも、事業の選択肢が増え、本当にやりたいと思う事業を始めることだってできます。

もちろん、選択肢を広げると言っても限界があります。

しかし、その武器があるだけでも、成功率が大幅に変わってくるのは事実です。

100万円ぐらいなら余裕で貯められる

100万円を貯めると考えると、かなり難しいように感じますが、実際に100万円ぐらいであれば余裕で貯める事が出来ます。

早い人なら1年もあれば余裕です。

しかも、年収300万円台前半でも実家暮らしであれば余裕で貯められます。

実際に私の友人は年収300万円で年間100万円以上を貯金しています。

かなりハードな生活をしているようですが、それでも貯められている実績があるのですから、無理なことではありません。

年収と貯金額は関係ない!年収300万でも5年で1000万円貯める方法

2019.05.14

本気で100万円を貯めたいならぜひ、参考にしてみて下さい。

貯金したお金は眠らせてはいけない

100万円貯まったお金をそのまま貯金し続けるのかと言うと、それをしてはお金持ちになれません。

もちろん、全額を使うのはナンセンスですが、必要な部分には積極的に使っていく必要があります。

それをしないと貯めた意味がありません。

名言でいわれている「金持ちになりたければ貯金をするな」と言うのは、こういう事です。

ただ、人間と言う物はある程度の貯金が出来てしまうと、財布の紐が緩くなってしまいます。

そうなってしまえば、貯金をした意味が無くなってします。

そうならない為にも、お金儲けや自己成長につながること以外には、使わないお金と決めておいてください。

そうする事で、お金持ちに近づける事は間違いないです。

コメントを残す