ビットコインの暴落はどこまで続くのか

昨年よりバブルのように値上がりが続き、最高値としては230万円以上の値をつけた仮想通貨のビットコインですが2018年1月17日、一時的に100万円を切るまで暴落する瞬間がありました。

韓国政府による仮想通貨の規制が主な原因ですが、それだけにとどまらず中国や、中東などでも規制の動きが出てきおており、大きな不安を引き起こしています。

1月18日19時現在では130万円近くまで値を戻していますが、ネガティブニュースが入ると、さらに下落する事が予想されます。

 

大損をこいた人も多数

今回の暴落により数千万単位で損失が出た人も多いようで、一部の有名トレーダーは仮想通貨から引退すると発表したほどです。

昨年から勝ち続けていた人なら、利益が飛んだだけなので、まだいいですが、今年から仮想通貨に手を出した人も多く、そのような人は自分の財産を食われてしまったのではないでしょうか。

私も口座開設の手続き中だったので、被害には会いませんでしたが、もしもう少し開設を早くしていると、完全に財産を奪われていたと思います。

ほとんどの人が損切りをしていると思いますが、中には損切りが出来ずに、含み損を抱えたままの人も多いようです。

そのような人は一刻も早く損切りをして、一旦フリーの状態にする事をお勧めします。

 

今後も規制は続くと考えられます

さすがに日本ではビットコインの規制を行うとは思えませんが、その他の国では、規制が続々と発表されると予想しています。

その度に、大きな下落を記録すると予想されるので、間違っても今は買わないようにしましょう。

だからと言って、売りから入るのも危険です。

ですので、一旦はビットコインを含む仮想通貨の取引から離れる事をお勧めします。

 

規制が落ち着けば再び上昇傾向に

自国の通貨の価値を落とさない為や国策として規制をしたいと考える国がある事は仕方のない事です。

しかし、全ての国が規制を考えているわけではないので、この規制ラッシュはいずれ落ち着くと考えられます。

そして、落ち着けば、再び上昇傾向になります。

もちろん、日本やアメリカまでもが規制をしてしまうと話は変わってきますが、現時点ではその可能性は低いです。

上昇トレンドに戻すまでは、かなりの時間がかかると思いますが、長期的に見れば買いだと私は思っています。

 

一時的には50万円を切る事も

今年のビットコインの見通しは、不安定で予想しても外れる可能性が高いですが、あえて予想をさせていただきます。

おそらく、10万を切る事はないでしょうが、50万円であれば、普通に切るかもしれません。

また、一度上昇トレンドに戻すと、簡単に500万円を超す場面も想像の範囲内です。

何が起きるかわからない状況ではありますが、もし今始めようとしている人は、もう少し待ってから始めてみてはいかがでしょうか。

とにかく、今は様子を見るべきだと私は思います。




コメントを残す