ビンゴ5が当たる確率ってどれくらいなのか?

1~5、6~10、11~15、16~20、21~25、26~30、31~35、36~40の8ブロックから数字を1つずつ選んで購入する「ビンゴ5」。

ビンゴゲームのように縦・横・斜めのビンゴの数で当選金が決まり、1等の当選金額は550万円と比較的少額ながらも夢のある宝くじの一つです。

 

ただ、それだけ夢があるという事は、当たりにくい事はもちろんで、当サイトでも毎回予想を行なっておりますが、なかなか当たらないのが現状です。

そこで、今回はビンゴ5がどれほどの確率で当たるのかを調べてみました。

 

1等の当選確率

1等の当選確率は、トヨタ自動車従業員の中から1人が選ばれるより少し低いぐらいの「1/390,625」です。

ビンゴ5の抽選は、毎週1回行われるので、毎回5本の当選が出た場合、年間で約250人の500万円長者が誕生します。

ただ、実際は5口以下の事も多く、その場合は1千万円近くの当選金になることもあります。

ただ、当たりにくい宝くじかといわれると、そんな事もなく、新しく誕生したくじなので、単純に購入数が少ない事が影響していると考えられます。

 

2等以下の当選確率

2等 16/390,625 1/24,414
3等 48/390,625 1/8,138
4等 192/390,625 1/2,035
5等 1,248/390,625 1/313
6等 6,656/390,625 1/59
7等 56,832/390,625 1/7

生きているうちに、現実的にあり得るのは4等ぐらいまでかと思います。

理由は簡単で、40年間、毎回欠かさず5口ずつ買ったとしても約10400口しか買えないからです。

こう考えると、4等ですら40年間で5回程度しか当たらない計算になります。

宝くじはあくまでも「夢」を買うものです。

余力資金で、のめり込み過ぎず楽しみましょう。

コメントを残す