今より運を良くする3つの方法とは?

「運が良ければ・・・」誰もが一度はこんな事を思ったことがあると思います。

しかし、運とは、生まれ持った才能と言ってもいいぐらい、限られた人にしか与えられません。

でも、ある事をすると運を手に入れる事が出来るかもと言われています。

そこで今回は、誰でも簡単に運がよくなる方法をまとめてみました。

欲張らない

運が良い人の特徴の一つが欲張らない事です。

欲が強いと運が逃げていくと言われています。

と言っても、欲張らずに生きる事なんてほとんどの人間は出来ません。

ただ、コツとしては一人勝ちをしようと思わない事です。

きれいごとのように聞こえますが、全員で勝つ事を望み、それにあった行動をしていれば、自然と欲張ると言う事は少なくなっていきます。

ただし、無駄なお節介は自己満足を満たすために欲張っている行為なのでそこは注意が必要です。

過去の事を気にしない

過去の悲しみや喜びを後々にまで引きずる人は運が逃げていきます。

もちろん、忘れろとは言いませんが、それが原因でいつまでも正常運転に戻れないのでは周りにも迷惑をかけてしまいます。

コツとしては、今起こっている事に集中する事です。

作業をしているのであれば作業に集中し、映画を見ているのであれば映画に集中し、ご飯を食べているのであれば目の前の食事にだけ集中します。

集中力がない人には難しいかもしれませんが、少しトレーニングをする事で徐々に出来るようになっていきます。

自分はラッキーだと思い込む

最後は、自分はラッキーだと思い込む事です。

実際に、思い込むだけで幸福度が大幅に上がると言う研究データも存在します。

なので、たかが思い込みと思わず、騙されたと思って思い込んでください。

コツとしてはドラマの主人公を演じる事です。

どんな、辛い事があってもラッキーだと思い込むバカな主人公を演じている感覚で過ごせば意外と出来てしまいます。

ちなみに、別の自分を演じる事は、ストレス対策にも有効だと言われています。

他人事として自分の不幸を扱えるようになるので、ストレスが溜まってきているという人も、役者になったつもりで日々を演じてください。

そうすれば、ストレスも無くなり、運も良くなります。

以上、が運を良くする方法でした。

科学的に根拠がない部分もありますが、運が良いのは思い込みが9割ともいわれています。

実際に、運の良さを数値化すると、どんな人もそれほど大きな差はないというデータもあります。

ぜひ、自分を騙して運の良い自分になってください。

コメントを残す