嫌々でやっている事はマジで伸びないからスグに止めるべき

29 views

仕事にしてもプライベートにしても嫌々でやっている事って結構ありませんか。

私は、これまでにやってきた仕事は全て嫌々でやっていました。

その結果、何の成果も成長もなく、一年も務める事が出来ずその場を去ってしまいました。

幸いな事に現在の仕事は、嫌と感じる事もなく、歴代で一番長い期間在籍している会社となりました。

今回、私が伝えたいのはタイトルの通り、嫌々でやっているならスグに止めた方が自分の為になると言う事です。

 

中学生時代の部活での経験

私は、中学生の頃、陸上競技部に所属をしていました。

特に陸上に興味があったわけではなく、仲の良い友達に誘われたからというシンプルな理由で入部を決めました。

実際に入ってみると走ること自体は嫌いじゃなかったのですが、集団で練習する事が苦手なのか本当に毎日が苦痛でした。

結局、3年間辞めずに陸上生活を終えたのですが、全く結果が伴わず、本当に無駄な3年間だったと感じています。

今でも、趣味でランニングをしているのですが、本気で練習に励んでいた中学生の頃と比べてタイムは殆ど変わらず、距離は長く走れるようになりました。

もちろん、練習量や時間で言えば中学生の頃の方が多く、練習メニューも緻密に考えられたものでした。

それでも、結果が伴わないと言う事は、やる気の問題が関わってきているのは明らかです。

どんなに厳しい特訓を重ねてもやる気がなければ成長には繋がらないと実感しました。

 

強制よりも自発的に行動をする

私は強制という言葉が何より大嫌いです。

どうしてかというと、強制でやらされた事で成功をした試しがないからです。

陸上部の時も半強制的に走らされていました。

その結果、成果を残せずに3年間を過ごしてしまいました。

今では、自発的に発しているので走る量は1日30分程度ですが、タイムも日々伸びてきており、走ることが楽しいとすら感じています。

これは、仕事においても全く同じで無理やりやらされている仕事は会社の為にも自分の為にもなりません。

会社の社風や業務内容が自分から楽しんで出来る仕事ではないと感じた時は、早急に退職するか部署移動を求める事をおすすめします。

本気で成長したいのであれば、多少リスクを取るのもやむ得ない事で、その経験も成長への材料となるはずです。

 

自発的にやりたいことがない

「自発的にやりたいことがない」という方も多いと思います。

正直、私も今の仕事をやる前は興味もあまりなく、ただただ前の会社から逃げたいというのが転職理由でした。

しかし、やってみると面白さを感じ、無駄な決まりのない社風も私にあっており、結果的に一番長い期間在籍している会社となりました。

そう、やりたいことが分からないのであれば、様々な事にチャレンジすればいいだけの話です。

出世が遅れるとか生活が出来なくなるという意見もあると思いますが、それは自分に言い訳をしているだけです。

嫌々やっている会社で出世しても楽しくないでしょうし、実力さえあれば新しい環境でもすぐに出世する事も可能です。

結婚していて仕事を辞めると生活が出来ないという方も、お金を稼ぐ方法は正社員だけではありません。

アルバイトで繋いで生活する事ぐらい、やろうと思えば出来るはずです。

 

リスクを取ってでも嫌々をなくす

今の立場や生活を崩してでも嫌々をなくすことには、それ以上のメリットがあると私は考えています。

嫌々やっている事に対しては、どうしても責任感が薄く、自分にも甘く、すぐに諦めてしまうという事があります。

実際に私がそうで、多少の失敗では反省もせず、納期に間に合わなそうでも頑張らず諦めていました。

それが、本当に自分の為にも会社の為にも役立つかというと、迷惑をかけるだけです。

それであれば、自分がリスクを取ってでも嫌々をなくす為に名残惜しさを残さず、去っていく事も重要なのです。

もちろん、言うのは簡単でも、実際に行動を起こそうとすれば、相当な覚悟が必要です。

結婚されている方はともかく、若い方であればリスクも最小限に抑え行動が出来るはずです。

例え、失敗の可能性が高くても、嫌々やっている現状よりも、マシだと思いますのでどんどんチャレンジをしていただきたいと思います。

ぜひ、私の教訓を少しでも届けることが出来ればと願っています。



最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事が少しでも面白かった・役に立ったと思ったら下のシェアボタンよりシェアをお願いします。

また、感想やご意見などもコメントにてお待ちしております。

コメントを残す