成長するために必要なたった一つの事とは?

もっと成長したいけど、どうやって成長すればいいのか分からないという人も多いと思います。

しかし、実際に人が成長するための方法は一つしかないと言われています。

これは、どんな人であっても同じです。

若い人も老人も成長するためにはたった一つの事が欠かせません。

成長のために必要なものとは?

結論から言ってしまうと人の成長に欠かせないのは挫折です。

人は挫折をした時に成長できると言われています。

もう少し正確にいうと、挫折をした時にどれだけ悔しいと思うかによって成長できます。

例えば、仕事で失敗をして挫折したとします。

その時、何も学ばずに後日同じ失敗をしている人はただのバカですが、成長できる人は本気で悔しいと思い、別の方法でアプローチを試みます。

この行為こそが成長に繋がるのです。

挫折をした事がない場合は?

たまに、挫折を知らないという人もいます。

ただ、それは挫折に気づいていないだけで、本来であれば挫折すべき部分を強行突破しているに過ぎません。

この状態になってしまうと、本当に成長がストップしてしまいます。

というより、強行突破を続けた結果、取り返しの付かない事になる可能性だってあります。

挫折というのはとにかく、早めに気がつく事も大切なのです。

どうすれば挫折に気がつけれるのか?

そもそも、挫折とは目的のために動いていた事が途中で継続困難になる事を意味します。

つまり、ゲームオーバーになる事です。

大学受験などは落ちてしまうと、再チャレンジ出来ないので挫折に気が付きやすいのですが、仕事においては再チャレンジ可能な場合もあり、気がつかない人もいます。

じゃあ、それは挫折ではないのではと思いたいところですが、挫折をする事に意味があるので挫折の判断を下げないといけません。

なので、予め挫折のポイントを決めておけば、挫折に気がつかないという事はなくなるでしょう。

その内容は、時間とお金の両方から決めておくのが最適です。

このプロジェクトに100万円の赤字を出すか、2ヶ月以上の遅延を出した時点で終了という風に挫折ポイントを決めておきましょう。

流石にここまですれば気がつかないなんて事はなくなると思います。

どうやって挫折に立ち向かうのか?

最後に挫折に立ち向かう方法を解説します。

気合で乗り切るなんて事は必要なく、計画を再構築すればいいのです。

もちろんですが、挫折した計画とは桁違いの計画を考えなければなりません。

受験の話で例えると、これまでの勉強時間を超えるのは当たり前として、勉強方法も変えなければなりません。

とにかく、受験の場合は次までの時間が1年しかないので、1ヶ月ぐらいで自分に最適な計画を再構築していきましょう。

もちろん、仕事の場合も同じで今までより丁寧にするのは当たり前で、方法を180度変える必要があります。

計画を作る段階ではトライ&エラーの繰り返しで、この作業自体に挫折しそうになりますが、それは挫折ではなく逃げているだけなので悔しいと言う気持ちを忘れない事も大切です。

コメントを残す