一人で映画館に行ける?意外と多い一人映画館の実態とは?

あなたは一人で映画館に行ったことがありますか?

「一人でなんて恥ずかしくて行けない」

おそらく、そんな考えを持っている人がほとんどでしょう。

私もつい数年前までは、一人で映画館など考えられませんでした。

しかし、友達と趣味が合わなかったり、世間的には低評価な作品であっても自分は見たいと思う時もあります。

そんな時は、映画を諦めるか、一人で行くかのどちらかしかありません。

DVDや配信の開始まで待てればいいのですが、いち早く見たいのが本心です。

そこで、今回は一人映画館を楽しむ私が、一人映画館の実態をまとめてみました。

 

一人映画館を楽しむ人は結構いる

一人映画館をしてから気が付いたことですが、周りを見渡すと一人で映画を楽しんでいる人は結構います。

年齢層を見ても偏りはなく、若い女性ですらも一人映画館を楽しんでいます。

特に公開初日は一人で見に来ている率がかなり高いです。

もし、一人映画館に抵抗があるのであれば、公開初日または2日目のレイトショー(20時以降の上映開始)をお勧めします。

そうすれば、周りも一人の人が多いので特に気にせず映画を楽しめると思います。

 

そもそも映画を見ているので寂しくない

「一人映画って寂しくない?」と聞かれる事もありますが、そもそも映画館とは映画を楽しむ場所です。

友達と行こうが、家族と行こうが2時間近くは映画の世界に入るので、喋る事も一切ありません。

なので、寂しさを感じる部分は皆無に近いでしょう。

 

入る時も、出る時も暗いので目立たない

映画館に入る時、出ていく時に一人だと「目立つのではないか?」

そんな心配をされている人もいますが、映画館の中は基本的に照明が暗めに設定されているので、目立つ事はありません。

というより、そんな事を気にしている人はほとんどいないでしょう。

例えば、あなたが友達と映画館に行って一人で来た人を見ると笑いますか?

おそらく、気にもしないでしょう。

それと同じように、誰も一人で映画館に来た人の事を気にしていません。

なので、安心して一人映画を楽しんで欲しいと思います。

 

感想を語れないのは残念

一人映画館で唯一、残念なポイントは感想を語れない事です。

正直、そこさえ我慢すれば一人映画館はメリットばかりです。

人気作品でも開始直前でチケットが取れたり、友達の時間に合わせる必要がなかったり、映画中に邪魔が入らなかったりなどなど。

本当に多くのメリットがあります。

なので、見たい映画があるのであれば、我慢することなく、ぜひ一人で映画館に足を運んでみてください。

きっと、一度行ってみると2回目以降は何も思わなくなるはずです。

コメントを残す