何をやっても眠気が飛ばない時に試してほしい事

徹夜続きで「究極に眠たいけど起きなければならない」そんな時はありませんか?

私は毎日がそのような状態で、万年睡眠不足状態です。

なので、朝から「顔を洗っても」、「軽い運動をしても」、「エナジードリンクを飲んでも」、「眠気覚ましのツボを押しても」ダメでした。

ここまで来ると、「寝た方が良いんじゃない」と言われる事もありますが、仕事がある以上、そんな呑気な事も言ってられません。

だからと言って、副業を辞めれば、生活レベルを落としてしまうようで、そちらも譲れないです。

そこで、色々試した結果、私が一番、眠気覚ましに効いた方法をご紹介します。

 

眠い時に一番効いたのは「匂い」

本当に色々な眠気覚ましを試しましたが、一番効果のあったのは香りを嗅ぐ事です。

特に「これだから効く」というものはなく、一般的に”いい匂い”と呼ばれるものなら、基本的に何でもOKです。

少しの間、香りを嗅いでいると、自然と眠気がなくなり、脳がスッキリしたような感覚になります。

そこからのパフォーマンスは最高で、いつもなら1時間近くかけて書いているブログが30分もかからずに終わってしまいます。

もちろん、個人差はあると思いますが、私の中では今のところダントツです。

 

アロマの匂いがオススメ

先ほども言いましたように、特に「この匂いだから」と言うのはないですが、アロマの香りは比較的、手に入れやすくお勧めです。

私がよく使っているのは、柑橘系の香りです。

実際に調べてみると、柑橘系の香りには眠気を覚ましてくれる効果も期待できるようです。

無印良品やニトリなどでは2000円もあれば購入できますので、一度試しに買ってみるのもアリかと思います。

 

香水の香りでもOK

アロマを買いに行く時間がない時に使っていたのは香水です。

手に付けて、眠気を感じたら、すぐに鼻に当て、匂いを嗅いでいました。

こちらは、残念ながら科学的根拠があまりないようですが、私の場合は効果がありました。

ただ、会社などでは、香水の匂いを嫌う人もいるので、付けすぎにはご注意ください。

 

起きた瞬間に嗅ぐと一日スッキリ

今回、ご紹介した匂いで眠気を覚ます方法は、日中の眠気を感じた時はもちろん、朝起きた瞬間の一番、眠たい時にも効果的です。

特にベッドから出られないで悩んでいる人は、起きた瞬間に匂いを嗅げる準備をしておけば、辛い朝とはサヨナラ出来るかもしれません。

香水であれば、多くの人が家にあるとおもいますので、ぜひ騙されたと思って、明日から実践してみて下さい。

きっと、眠気の辛さから解放されるはずです。

 

※この記事は私の体験談であり、すべての人に当てはまるものではありません。

コメントを残す