新潟県の難読駅名ベスト7!

皆さんは全国各地に難読駅名があることをご存知ですか?

北海道や大阪などに多いイメージですが、ここ新潟にも地元民しか読めない難読駅名が沢山あります。

そこで、今回は個人の偏見で難読だなと思った新潟県内の駅名をランキングにしてみました。

 

第7位 来迎寺駅

JR信越本線の停車駅である来迎寺駅は、1日の利用者が500人程度の駅です。

普通に読める人には「どこが難読?」と思う事でしょう。

おそらく半数以上の人は読めると思うので7位にさせていただきました。

 

第6位 粟生津駅

JR越後線の停車駅である粟生津駅は、ラッシュ時でも1時間に1本程度しか電車が来ない小さな駅です。

漢字が得意な人であれば普通に読めると思いますが、苦手な私は読めませんでした。

 

第5位 親不知駅

えちごトキめき鉄道の停車駅である粟生津駅は、北陸新幹線開通に伴い第三セクター鉄道になった駅です。

雑学好きの人であれば難読駅名に興味が無くても読めるのではないでしょうか。

完全に当て字なので、知らない人には超難読だと思います。

 

第4位 新発田駅

JR羽越本線・JR白新線の停車駅である新発田駅は、新発田市の中心駅です。

新潟市からも近く、新潟市内へ通勤・通学される人も多く利用しています。

読み自体は難しいですが、知名度は高いのかとおもいます。

 

第3位 小千谷駅

JR上越線の停車駅である小千谷駅は、小千谷市の中心駅です。

市名になっているものの、知名度が高くない為、読める人はかなり少数だと思います。

例え、漢字が得意な人であっても、知っていなければ読めないのではないでしょうか。

 

第2位 犀潟駅​

JR信越本線・北越急行線の停車駅である犀潟駅は、1日の利用者が700人程度の駅です。

北陸新幹線開業前の2014年までは4000人を超えていましたが「特急はくたか」の廃止から大幅減少しました。

普通に漢字が難しい為、読める人は少ないと思います。

 

第1位 頸城大野駅

JR大糸線の停車駅である頸城大野駅は、1日の利用者が10人程度の小さな駅です。

とにかく漢字が難しいので、地元民以外はほとんど読めないと思います。

 

日本全国の難読駅名を集めました!

日本全国の難読駅名をまとめたページも公開中です。

ぜひ、新潟県以外の難読駅名もご覧ください。

日本全国難読駅名

コメントを残す