ページ数が短くて、映像化もされている読書感想文にオススメの本

夏休みと言えば宿題。

宿題で一番面倒なものと言えば読書感想文。

そもそも、本を読む事自体が面倒なのに、感想文まで書く必要がある宿題なんてやりたくないですよね。

でも、宿題をやらない訳にいかないと嘆いている学生のために、ページ数が短くて、映像化されている、読書感想文にピッタリな本を3つ集めました。

文庫本で300ページ未満の本ばかりなので、頑張れば1日で終わらす事もできます。

もっと言えば、映画を見れば本を読まずして感想文を書く事も可能です。

ぜひ、読書が嫌いな学生さんは、本選びの参考にしてください。

 

火花

作者:又吉直樹

ページ数:180ページ

売れない芸人「徳永」は花火大会で偶然にも先輩芸人「神谷」と出会う。

そこで弟子入りを申し出た「徳永」は「神谷」からお笑いの哲学を学ぶ。

次第に、二人の歩む道は異なり始め「徳永」は売れていき、「神谷」は損なわれていくのだった。

そんな、二人をテーマに笑いとは何か、人間の本質とは何かを感じされられる作品である。

火花 (文春文庫)

新品価格
¥626から
(2019/8/2 02:03時点)

火花 DVD スタンダード・エディション

新品価格
¥2,750から
(2019/8/2 02:04時点)

天国はまだ遠く

作者:瀬尾まいこ

ページ数:183ページ

仕事も人間関係も上手くいかず悩んでいた23歳OLの「千鶴」は死ぬつもりで山奥の民宿を目指した。

民宿に着き、用意していた睡眠薬を大量に飲むが死に切れず、目を覚ましてしまった。

自殺を諦めた「千鶴」は民宿の主人である「田村」の大雑把な優しさに癒され、しばらくお世話になることに。

「千鶴」は、大自然の中で、優しく大らかな村人に囲まれながら充実な日々を過ごした。

しかし、ある時「千鶴」は気づいてしまった。

ここには私の居場所がないことに。

人生を諦めた者が、人生を再開するきっかけになったものとは何なのか?

人が生まれてくる意味、人が生きる意味を感じさせられる作品である。

天国はまだ遠く (新潮文庫)

新品価格
¥432から
(2019/8/2 02:14時点)

天国はまだ遠く [DVD]

新品価格
¥3,977から
(2019/8/2 02:15時点)

インストール

作者:綿矢りさ

ページ数:192ページ

ある日、不登校になった高校生「野田朝子」は部屋の中にある持ち物すべてを捨ててしまった。

その時、声をかけてきたのは同じマンションにする小学生の「青木かずよし」だった。

捨てたPCを欲しいというので「朝子」は「かずよし」に渡した。

その後、ある事をきっかけに「かずよし」は「朝子」を怪しげなバイトに誘った。

「かずよし」は主婦に代わり、チャット嬢として時給1500円で働いていた。

これに興味を持った「朝子」は翌日から手伝うことに。

しかし、「かずよし」の母親にそれが見つかってしまいバイトは中止に。

これらの出来事を通じて「朝子」は何を感じたのか。

PCのように人間も新しいソフトをインストールする事で変われるのか?

そんな事を考えさせられる作品である。

インストール (河出文庫)

新品価格
¥410から
(2019/8/2 02:31時点)

インストール スタンダード・エディション [DVD]

新品価格
¥1,250から
(2019/8/2 02:32時点)

コメントを残す