ブログでフリー素材の画像を使わない方が良い理由

ブログを運営している人の多くはフリー素材を使っているかと思います。

やはり、画像が無いよりも、あった方が情報も伝わりやすいですし、見た目も良く見えますからね。

しかし、フリー素材ばかり使っているサイトは、情報の新鮮さが低くなりがちというアンケート結果もあります。

では、どのようにすれば新鮮さを保ったまま素材を用意する事なく、記事を作る事が出来るのでしょうか?

どうして、フリー素材を使うと新鮮さが低くなるのか?

そもそも、どうしてフリー素材を使うと新鮮さが低くなってしまうのでしょうか?

多くのフリー素材は既に、誰かが使っています。

つまり、記事を読む人は、一度見たことのある画像をまた見せられていると言う事です。

もちろん、一度や二度であれば、見たことなど覚えていないのですが、個人ブログが沢山生まれている現在では、何度も同じ画像を目にする機会も多くなってきました。

それにより、記事の内容は違っても画像が同じであれば既視感が生まれ新鮮さが低くなってしまうのです。

せっかく、最新の情報で、オリジナル性が高い文章を書いても、画像一枚で離脱されてしまう事もあるのです。

また、新鮮さが低くなると同時に、信頼度も低くなりがちです。

やはり、画像が同じであれば、どこかの文章をそのままコピーしたかのように思われてしまう可能性も高くなるようです。

なので、出来る限りフリー素材は使わないようにしましょう。

自分で撮ってきたオリジナル画像が一番良い

では、どのような画像を使えば良いのでしょうか。

結論を言うと、自分で撮影してきたオリジナル画像が一番です。

同じ場所で撮影した写真であっても、アングルや色合いなどが違うのでフリー素材を使うのと比べて既視感を抱く人は減少します。

たとえ、フリー素材とほとんど同じであっても撮影しに行けるのであれば、行った方がいいでしょう。

読む人からの印象が全く異なり、しっかり調べて記事にしているの事が伝わりやすくなりますので、結果として信頼度も上がっていきます。

撮りに行けない場合は?

どうしても撮影が難しい場合は、有料の素材を買うべきです。

高いものだと1枚3000円ぐらいしますが、安ければ100円程度でも売っています。

その程度であれば、個人でも買えそうですよね。

やはり、有料になった途端、同じ画像を使っている人は大幅に減ります。

つまり、オリジナル画像を使うのと同じぐらい新鮮味があり、信頼度が増します。

1ヶ月に100枚買ったとしたら、1万円以上の出費になりますが、新鮮さ・信頼度を上げたいのであれば、必要経費かと思います。

フリー素材を使う場合に気をつける事

有料素材を買うお金もないと言うときは、フリー素材や定額で取り放題のサイトを使うしかありません。

流石に画像がないよりはフリー素材があった方が良いので、新鮮さ・信頼度は下がりますが仕方ありません。

もし、フリー素材を使うのであれば出来る限り人物の写っていない画像にしてください。

人物が写っているものは、どうしても人物の印象が強すぎて、新鮮味が全くありません。

また、色合いを変えてみたり、トリミングを行ってみるのも新鮮味を出す手法の一つです。

面倒ではありますが、このような一手間を加える事で情報の新鮮さ・信頼度が増しますので、ぜひ実践してみてください。

コメントを残す