テレワークを実際にやってみて快適さを実感した件について

コロナウイルスによる外出自粛によりテレワークを行う企業が増えてきています。

特に大企業やIT企業などを中心に行われているようですが、中小企業はというとまだまだ浸透していないのが実情です。

実際に私が本業として働く会社も一時的に一部の社員で取り入れたものの、定着はしませんでした。

つまり、テレワークと言ってもまだまだ実施したことない人が大半だと思います。

そこで、少しだけ体験した私の体験談をまとめましたのでご覧ください。

通勤時間が無いのは本当に良い

テレワークの一番のメリットは通勤時間がゼロになるということです。

通勤をするとなると、どんなに近くに住んでいたとしても準備を含めて1時間程度はかかります。

さらに、それが帰りもとなると、1日2時間を無駄にすることになります。

それが無くなっただけでも、単純に2時間の余暇時間が増えます。

1時間は睡眠に充てるとして、もう1時間は趣味や副業に使えます。

私の場合は副業を沢山しているので、たとえ1時間であっても時間が増えるのはすごくありがたいです。

ただ、良いことばかりかというと、そんなこともありません。

では、具体的になりが悪いのかというと”家から出なくなること”です。

私の場合は、近くのコンビニ買い物に行くぐらいで基本的に引きこもっています。

つまり、歩行距離が大幅に減り、長期化すると健康面に被害が出てくる可能性もあります。

なので、引きこもりの日はウォーキング・ジョギングをするなど、少しは運動をするべきです。

そうしないと、将来が大変なことになってしまうかもしれません。

仕事中に堂々と休憩できる

テレワークの良いところは、仕事さえしていれば余暇時間は何をしても良いところです。

その日の仕事さえクリアすれば、寝ていても問題ありません。

もちろん、企業によっては報告をしたり、パソコンを監視されたりと邪魔があるかもしれませんが中小企業の場合はほとんど無いと考えて良いでしょう。

また、私の場合は堂々と副業を出来るのもありがたいです。

テレワークをきっかけに副業を始めた人も多いようなので、副業に最適な働き方と言えるでしょう。

ただ注意点は、会社のパソコンを使うとトラブルになる可能性があることです。

先ほども言いましたように企業によってはパソコンを監視されています。

なので、副業をしていると一発で分かってしまいます。

間違っても、会社のパソコンや会社のモバイルルーターを利用して副業をしないように注意してください。

完全な成果主義になる

テレワークをすると年功序列などこれまでの日本独特の制度がなくなると言われています。

態度などが関係ないのですから当たり前ですよね。

ただ、これにより仕事ができない人は大変になります。

何も成果を生まずに家にいるだけの給料泥棒なのですから当たり前ですよね。

特に管理職と言われる人たちは本当にいらない存在になるでしょう。

でも、成果を上げれる人間からすれば面倒な付き合いなどをしなくても出世できるのでかなり良い環境になります。

特にいらないと思うのが飲み会ですよね。

上司との付き合いで飲み会に行くのは本当に無駄です。

しかし、これまでは飲み会に付き合わなければ出世できないのも現実でした。

飲食店からすれば、収入が減り大変かもしれませんが、無駄な飲み会が無くなってくれたのは本当に嬉しい限りです。

以上が私が実際にテレワークをして感じた快適さです。

個人的にテレワークは今後の日本において必要不可欠な働き方だと思います。

というより、テレワークを実施しない企業には優秀な人材が集まらず倒産していくと思います。

それぐらい、テレワークは優秀な人にとって快適な環境なのです。

ぜひ、テレワークを実施できてない企業がありましたら、そこの企業は損切りして、新しい企業に転職してみるのもアリだと思います。

転職が難しい時代ですが今だったらまだ間に合います。

コメントを残す