ハゲは治る時代が来ているって本当なの?

男なら誰もが悩むハゲや薄毛。

年々、何となく薄くなってきているような気がして、将来的には禿げるのではないかと不安な人も多いと思います。

私もそのうちの一人で、20代前半にして禿げる心配をしていました。

と言うより、心配を通り越して、徐々に禿げてきており、30代になる前に髪の毛が無くなってしまうのではという恐怖すらありました。

しかし、今は医学も進み禿げは治る時代になりました。

また、どこかの怪しい宣伝だろうと思うかもしれませんが、全く違います。

今回はどうすれば禿げが治るのかを実体験をもとに解説していきます。

市販の商品は全く意味がない

まず、言いたいのが市販の商品は全く意味が無いと言う事です。

薬局で買えるようなスカルプ商品や、ネットで買える怪しいスプレーなどは全く効果がありませんでした。

おそらく、同じように感じている人も多いと思います。

どうして、効果が無いのかと言うと、効果が期待できるほどの薬剤を入れられないからです。

薬を提供するためには、基本的には医師の診断が必要です。

しかし、市販の商品を売る為には医師の診断など面倒な事をしては売れません。

なので、法律で許されているギリギリまでしか薬剤を入れる事が出来ないのです。

それでは、効果があるわけないですよね。

やはり、薬と言うのはある一定の量を飲まなければ効果は期待できません。

これは、他の病気でも同じです。

もちろん、全員に効かないということは無いと思いますので、一度ぐらいは試してください。

それで、効果が無ければ別の製品を使っても同じなので市販の製品を頼りにするのは諦めて下さい。

病院に行けば直る

結論を言うと病院に行けば禿げは基本的に治ります。

もちろん、進行度合いに応じて違いますが、若ければ若いほど治ります。

実際に私も試してみましたが、治りました。

その時の治療日記は別の記事にしていますのでぜひ、ご覧ください。

20代前半AGA治療の記録 <1回目>

2019.02.17

問題点は高いと言う事

病院に行けば基本的に治るのですが、唯一の問題点がめちゃくちゃ高いと言う事です。

私の場合は1年間で46万円でしたが、進行具合によっては100万円を超える場合もあります。

しかも、自由治療にあたるため、健康保険は一切適用出来ません。

なので、諦めてしまう人も多いと思うのですが、たった100万円ほどで髪の毛が手に入ると思うと全然ありだと思いませんか?

髪の毛がある事により、自信が生まれ恋愛においても、ビジネスにおいても成功する例はいくつもあります。

実際に私の収入も治療前と治療後を比べて年収ベースで60万円は上がりました。

つまり、治療費を完全に回収できたと言う事です。

高い治療ではありますが、それだけのメリットがありますのでぜひお悩みの人は試してみて下さい。

東京にお住いの人は「リアス銀座クリニック 」がお勧めです。

比較的、低価格で立地も良く、実績もしっかりしています。

ただ、どこの病院を利用してもそれほど変わらないので、近くに専門病院があるのならそちらに行くのも問題ないと思います。

コメントを残す