アドセンスで月1万円稼ぐために必要なアクセス数とは?

クリック報酬型の広告収入サービス、「Googleアドセンス」で稼ぎたいと思ってブログを始める人も多いと思います。

私もその一人で、Googleアドセンスだけで無理なく暮らせるぐらいの収入を得たいと考えています。

しかし、実際はと言うと残念なことに月1000円ほどの収益しかなく、Googleアドセンスで稼ぐなど無理なのではと感じ始めている状態です。

では、Googleアドセンスで稼ぐ事は本当に出来るのでしょうか?

今回はGoogleアドセンスで月1万円稼ぐためには、どれぐらいのアクセス数が必要なのかを調べてみました。

月1万アクセスで1000円前後

結論から言ってしまうと、月1万アクセスで1000円前後のアドセンス収入が得られます。

つまり、月10万アクセスあれば、1万円の収入が得られることになります。

個人ブログにとっては、中々の壁だと思います。

もっと言うと、月20万円の収入を得ようと思うと、200万アクセスが必要になります。

200万アクセスと言うと、かなり有名な企業のHPでもこれだけ集められないぐらいのアクセス数です。

つまり、個人でこれだけのアクセスを集めるなど、一部の「神」しかいません。

アドセンスで稼ぐのは無理

クリックのみで報酬が貰えるため、難易度が低いと思われがちなアドセンスですが、正直、アドセンスだけで稼ぐのは無理があります。

一般的に広告のクリック率は0.1%程度です。

つまり、1000PVでやっと1クリックです。

1クリックの単価が平均100円前後なので、これではいつまで経っても稼げるわけがありません。

では、どうやって稼いでいるのかと言うと、成果報酬型のアフィリエイトです。

アフィリエイトはクリック率も良い

アフィリエイト広告の場合は、アドセンスと異なり、表示する広告を決める事が出来るので、それに関連した記事を書けば必然的にクリック率が高くなります。

一概には言えませんが、5%を超えるという場合もあるそうです。

例えば1%だとすると、1000アクセスで10クリックされます。

そのうち、1人が資料請求をしてくれれば、それだけで案件にもよりますが、1000円程度が手に入ります。

資料請求と言うハードルはあるものの、アドセンスに比べるとかなり楽勝だと思いませんか?

本当にGoogleアドセンスは稼げないのか?

それでもやっぱり、Googleアドセンスで稼ぎたいのであれば、YouTube動画の投稿をお勧めします。

ブログで月200万アクセスはかなり厳しい数字ですが、YouTube動画で200万再生であれば、絶対無理な数字ではありません。

毎日投稿だとして、1本あたり7万再生すればいいので、中堅ぐらいになれば可能でしょう。

もちろん、バナー広告と動画広告では報酬が少し違いますが、似ている部分もあるようです。

なので、アフィリエイトはしたくないというのであれば、YouTube動画をお勧めします。

ちなみに、未経験から動画編集をする方法は、別の記事でまとめていますのでご覧ください。

未経験から動画編集技術を学ぶ効率的な方法とは?

2020.11.06

コメントを残す