そろそろ株価の暴落はやってくるのか?NYダウが過去最高でお祭り状態!?

2020年11月24日の夜、NYダウが過去最高となる3万ドルをついに突破しました。

理由はワクチン開発への期待感からの買いが増えたからです。

また、金融緩和が今後も続いていくと考えられていることも株価を押し上げている要因の一つでしょう。

どうして株価が上がり続けているのかについては、別の記事にまとめておりますのでご覧ください。

実体経済と乖離して株価の上昇が続く理由

2020.11.17

と、ここまでNYダウも日経平均も上がり続けていますが、そろそろ暴落が来ると予想しています。

今回はどうして暴落が来るのか解説してみました。

世間が株高であることを把握してきた

投資をやっている人であれば、毎日のように株価をチェックしていると思いますが、一般の投資をやっていない人は、株価など気にして毎日見ていません。

しかし、過去最高などニュースで取り上げられやすくなったことで、投資に興味のない人にまで株が高くなっていることが知れ渡りました。

こうなると、残念ながら株価は下がります。

なぜ、下がるのかと言うと、それほど明確には分かっていませんが、下がります。

これは過去も同じようなタイミングで下がっているのでほぼ間違いないでしょう。

ビットコインも世間に知れ渡った時に暴落した

株価指数だけでなく、過去にはビットコインも同じようなタイミングで暴落しています。

その当時は、ビットコインを含め仮想通貨が世間に知れ渡り、投資に興味のない人も買い始めていました。

しかし、その後仮想通貨に関する様々なニュースが重なり、大幅に暴落しました。

現在でこそ持ち直していますが、その当時は相当数の人がお金を失ったことでしょう。

このように、経験していない人が参入してくるようなタイミングで市場は暴落していくのです。

なぜ、暴落するのか?

さて、なぜ世間に知れ渡ると暴落するのでしょうか。

先ほども言ましたが、明確な理由はわかりません。

しかし、経験していない人が参入してくることに理由があると考えています。

と言うのも、未経験の人が参入してくると、これまでとは違い、少ない利益でもすぐに利確する人が増えます。

その結果、売り注文が多くなり、市場が不安定な状況になります。

そして、不安定になると、さらに利確したい人が増え、結果的に暴落を起こすのだろうと思っています。

もちろん、この他にも機関投資家が未経験者のポジションを損切りさせようと、一気に売り注文を入れ、下がったところで買い直すと言うパターンもあります。

計画的に下げさせられているパターンもありますが、大半は利確による不安売りだと予想しております。

いつ下がるのか?

では、具体的にはいつごろから下がり始めるのでしょうか。

私の予想では12月に入ったころから下がり始めると思っています。

ただ、急落というより徐々に下がり、1月ごろになると一気に下がって反転するというシナリオを予想しています。

特に年末年始あたりは急な変動が激しくコロナウイルスの影響で過去最大の暴落をした時に発生したサーキットブレーカーが再発動する可能性もあります。

あくまでも予想ではありますが、年末年始に急変動するのはかなり確率が高いと考えています。

コメントを残す