手取り14万円で本当に生活していけるのか?

手取りが14万円と聞いてあなたはどう思いますか?

おそらく、多くの人は「給料安すぎ」と言う感覚になるでしょう。

しかし、現在の日本には手取り14万円の人も大勢います。

もちろん、パートやアルバイトではなく、週5日勤務のフルタイムで働いている人たちでも手取りが14万円という事も少なくありません。

実際に私も手取りが14万円しかないという時期もありました。

さて、ここで疑問に思うのが本当に手取りが14万円で生活できるのかという事です。

田舎ならともかく、東京でも手取り14万円の人が大勢います。

そこで、今回は東京で生活する事を想定して、どんな生活が出来るのかを考えてみます。

家賃は高くても5万円以下

まずは、家賃から考えていきましょう。

一般的に家賃の相場は手取りの3分の1までと言われています。

手取りが14万円の場合、4万6千円までとなります。

しかし、東京という事を考えると、なかなか4万円台で家を探すのは難しいです。

正確に言うと、4万円台の家は沢山ありますが利便性・快適性を考えると5万円は必要です。

そこで、今回は1か月の家賃を5万円とさせていただきました。

実際に私が手取り14万円の頃は5万3千円の部屋に住んでいました。

快適化と言うと、少し不便ではありましたが、それなりに綺麗な部屋で初めての一人暮らしには十分すぎるぐらいでした。

食費は月3万円まで

次に大きな出費と言えば食費です。

私の場合は多くても3万円ぐらいでした。

その内訳は以下の通りです。

1食あたり月合計
朝ごはん0円0円
昼ごはん450円13500円
夜ごはん300円9000円

朝ごはんは食べずに、昼ご飯はコンビニでおにぎりと飲み物を買うので少し高くなり、夜はお惣菜と実家から送ってもらったご飯を炊いていたので少し安くなっています。

残りの7500円については、予算オーバーをしてしまったり、月に1回程度の外食があったりと、予備的な予算です。

かなり切り詰めてこれなので、月によってはオーバーする事もありました。

オーバーした分は、他の娯楽を我慢するなどして頑張っていた記憶があります。

娯楽は2万円まで

人生の楽しみである娯楽は2万円までと決めていました。

例えばこれには友達と遊びに行くときの食費はもちろん、交通費なども含まれています。

また、ゲームを買ったり、動画見放題サービス、音が聞き放題サービス、趣味でやっていたブログの運営費もここから出していました。

具体的にはこんな感じです。

交際費7000円
エンタメサービス2000円
ブログ運営3000円
ゲーム課金1000円
家電購入等5000円
その他2000円

月によってかなりばらつきはありますが、ざっとこんな感じです。

今考えると全く娯楽していませんね。

今では、コロナもあり外出が少なくなっていますが、それでも5万円ぐらいは使っています。

洋服・日用品などは月2万円まで

洋服や美容室・雑貨・日用品などの購入費はこちらになります。

これも月によって変動はあるのですがざっくりとこんな感じです。

日用品3000円
洋服6000円
美容室4000円
雑貨2000円
その他5000円

これは、あくまでも月平均なので、美容院は2か月で8000円ですし、洋服もワンシーズン2万円ぐらいかかるイメージです。

節約しようと思えばもう少し節約できるのですが、他の予算の予備的な部分も含めて少し多めに取っています。

と言っても、実際に生活してみるとこれぐらいはかかります。

光熱費は月1万円まで

光熱費に関しては今でも1万円ぐらいです。

なので、一人暮らしをするならこれぐらいがデフォなのだと思います。

特に節約しなくてもこれぐらいなので、思いっきり節約をすれば、さらに安くなると思います。

ただ、テレワークをすると、一気に跳ね上がったり、夏や冬は空調装置を使うのであくまでも平均と思ってください。

電気代4000円
水道代2000円
ガス代2500円

実際は8500円ぐらいですが今回の試算では切りよく1万円としました。

ただ、月によっては電気代とガス代が1000円~2000円ぐらい高くなります。

特に2020年の夏場は暑さに耐えれないのと、テレワークをしていたこともあり1万円を超えてしまいました。

スマホは格安SIMで固定回線はWiMAX

スマートフォンは格安SIMで本体と合わせて月5000円程度の出費でした。

さらに今の時代は動画視聴が欠かせないため、モバイルルーターを契約し、それも月5000円でした。

これからはスマホ料金が安くなるようなので、将来的にはもう少し抑えられるのかと思います。

ただ、格安SIMや楽天モバイルなど、格安のプランの場合、様々な制限が多く、利用していてもストレスが溜まります。

なので、今はキャリアの回線に切り替えてしまいました。

その結果、合計で1万5000円ぐらいかかっています。

貯金なんて出来るわけがない

既にご覧の通り予算は使い果たしてしまいました。

つまり、貯金なんて出来るはずがありません。

手取り14万円で貯金が出来るのは実家に暮らしている人ぐらいです。

なので、一人暮らしをするなら間違いなく手取り18万円ぐらいは必要です。

18万円の手取りを稼ごうと思うと、額面で23万円ぐらいは必要になってきます。

なので、最低でもこれ以上の給料の仕事を見つけてください。

もし、今の給料がこれ以下なら、すぐに退職するべきです。

いくら、コロナ禍であると言っても、もう少しマシな給料を出してくれる企業は沢山あります。

医療費なんてかけられるわけがない

最後に医療費についてですが、これも手取り14万円では受けれるわけがありません。

実際に私もどんなに辛くても、けがをしても、病院に行く事はありませんでした。

つまり、手取り14万円と言うのは医療を受ける資格すらないのです。

これだったら、社会保険を払っている意味がありませんよね。

節約すれば、医療を受けられるのかもしれませんが、少なくとも私は無理でした。

手取り14万円で従業員を雇っているような会社は、即刻潰れるべきだと思います。

我慢する必要はありません。

今すぐにでも転職してください。

未経験からでも始められる工場系のお仕事が沢山掲載されている求人サイト「工場WORKSなら今よりも絶対に良い条件の仕事が見つかります。

寮付きであれば、さらに自由に使えるお金が増えるのも嬉しいポイントです。

ぜひ、興味のある人は探してみてください。

寮付き求人・お仕事探し【工場WORKER】

コメントを残す