Apple Watch買うメリットとは?iPhoneユーザーはApple Watchを買うべき!

あなたはiPhoneを使っています。

日本人のiPhone保有率はスマホ全体の約60%と言う事で、スマホ保有者の2人に1人以上がiPhoneを使っていることになります。

しかし、Apple Watchを使っている人の割合はと言うと、10人に1人とか、20人に1人とか、もっと少ない割合にまで下がってしまうと思います。

実際に、私の周りを見渡しても、iPhoneは持っているが、Apple Watchは持っていない人が大半です。

私自身もついこの前まで、iPhoneは持っているがApple Watchは持っていませんでした。

しかし、Apple Watchを手に入れてApple Watchに対する考え方や、これまで見えなかった便利さが見えてきました。

と言う事で、今回はApple Watchを買うメリットをご紹介していきます。

こちらの記事は動画でもご視聴できます。

通知をすぐに受け取れる

なんと言っても、Apple Watchの1番の魅力は通知をすぐに受け取れる事です。

電話はもちろん、LINEやYahoo!ニュース、そのほかにもスマホに通知が来る情報なら、それと連動して全て受信できます。

なので、いちいちスマホを見ると言う事が減るのです。

これまでは、常にスマホを手元に置いておかないと落ち着かないなんとこともありましたが、常に通知が分かる安心から、依存度が少しは下がったような気がします。

もちろん、依存度だけでなく、スマホの使用時間も減り、効率的に動けるようにもなりました。

さらに嬉しいのがアラームの通知も連動されることです。

目覚ましとしてiPhoneのアラームを使っている人も多いと思います。

しかし、「あれでは起きれない」なんてことありませんか?

Apple Watchを付けていれば、音だけではなく、手首が震えるので、ほぼほぼ起きれます。

これだけでも、Apple Watchを持つメリットになるでしょう。

自動改札が便利

Apple WatchにSuicaやPASMOを登録すれば、手首を改札にかざすだけで電車に乗る事ができます。

iPhoneにもモバイルSuica、モバイルPASMOがありますが、ポケットやカバンからiPhoneを取り出さなければいけません。

荷物を持っていたりすると、かなり不便です。

しかし、Apple Watchなら改札に手首をかざすだけです。

手首をかざすのが角度的に難しいなんて意見もありますが、実はそんなこともありません。

と言うのも、改札の読み取り機はかなり高性能で、角度がズレていても読み取ってくれます。

多くの人はApple Watchのディスプレイをタッチする部分に当てなければいけないと思っているかもしれませんが、手のひらを改札に当てるようにタッチするだけで読み取ってくれます。

ただ、改札以外の読み取り機は、それほど高性能ではないのでしっかり当てる必要があります。

Apple Payの顔認証が不要

Apple Payをスマホで使用する場合、セキュリティのため顔認証が毎回必要になります。

コロナ以前であれば、それほど不便ではありませんでしたが、コロナが流行してからは、不便で仕方ありません。

毎回、マスクをずらして顔認証させるか、パスコードを打つ必要があります。

しかし、Apple Watchではボタンをダブルクリックするだけで支払いできるようになります。

Apple Payのヘビーユーザーからすれば、本当にこれは便利です。

健康管理ができる

Apple Watchには健康を管理する様々な機能があります。

動いている状況を監視し、1日のカロリー消費や立っている時間などを測ってくれ、どれぐらい達成したのかを円グラフで示してくれます。

そのほかにも、座りっぱなしの状況が続けば、「そろそろ立ちましょう」と通知が来たり、呼吸を整えるための通知が来たりもします。

もちろん、睡眠時間も記録してくれており、自分の睡眠状況を把握することもできます。

ほかにも心拍数、血中酸素濃度、心電図を測る機能も搭載されています。

また、万が一、倒れた時に緊急通報をしてくれる機能も搭載しており、一人暮らしのお年寄りほどApple Watchが必要なのではと感じるほどです。

今の時点では、基本的に自分で自分の健康管理をできる機能が整っているのですが、将来的には医療機関と連携し、常にモニタリングして危険を察知したら病院から呼び出されるなんてこともあるかもしれませんね。

基本機能を使うだけでも、これだけの便利さがあります。

さらに、アプリをインストールすれば、もっと便利な生活になることは間違いありません。

今後は、Apple Watchユーザー限定でマスクをしていてもiPhoneの顔認証が解除できる機能も搭載するようです。

これが出来るのであれば、少し高くても買いだと思いませんか?

次期iPhoneでは指紋認証が復活するなんて言われていますが、Apple Watchを付けていれば、指紋認証すら必要ない可能性もあります。

数年前まで、指紋認証のiPhoneを利用していましたが、手の状態によっては読み取れない時も多々ありました。

これが全てApple Watchで解決できると言うことになるのです。

ちなみに、Apple WatchにはGPSモデルとセルラーモデルがあります。

セルラーモデルはApple Watch単独で通信する事ができるので、近くにiPhoneがなくてもLINEや電話を受信できたり、ストリーミングの音楽を聴く事ができます。

しかし、少し高いのがネックで、通信料も毎月300円前後必要です。

大手3大キャリアでの契約にしか対応しておらず、格安SIMを利用している場合は、セルラーモデルを持つ事ができません。

なので、便利ではありますが、それほど使う機会はないと思うので、GPSモデルで十分です。

ちなみ、GPSモデルでApple PayやSuica、PASMOはスマホが近くになくても利用できます。

お財布もスマホも忘れてコンビニに来てしまったと言うときでも、問題なく使えるのでご安心ください。

以上のことから、iPhoneユーザーであれば、Apple Watchを買うべきだと思います。

Amazonで買えばポイントも付いてくるので、バンドにこだわりがない場合はAmazonでの購入をお勧めします。

最新 Apple?Watch Series 6(GPSモデル)- 44mmブルーアルミニウムケースとディープネイビースポーツバンド

コメントを残す