新型Switchって誰が買うの?任天堂が期待外れの新型Switchを発売する理由とは?

2021年10月8日に任天堂より新型Switchが発売されます。

現行のSwitchとの違いは別の動画にまとめておりますのでぜひ、そちらをご覧ください。

さて、この新型Switchですがユーザーの間では評価がかなり低いです。

なぜかというと、期待はずれだったからです。

噂されていた新型Switchは、CPUとGPUの性能が良くなり、フレームレートが上がり、解像度も上がるというものでした。

どういうことかというと、PS5などと同じように高機能なハードが発売されると噂されていたのです。

しかし、実際はというと全然違いました。

多少の改良はあるものの、現行のSwitchとそれほど変わらず、わざわざ買い換える人はほとんどいないでしょう。

では、なぜ任天堂はそんなゲーム機を発売するのでしょうか。

今回は任天堂が期待はずれと言われる「新型Switch」を発売する理由を考えてみました。

そもそも高機能ユーザーはターゲットでは無い

任天堂としては、高性能なゲーム機を求めるユーザーよりも、子供からお年寄りまで、ほどほどにゲームを楽しめる人をターゲットとしています。

なので、解像度やフレームレートに拘らず、これまでもハードを作ってきました。

これは、任天堂の戦略として、一人でも多くの人に任天堂IPを触れていただくという目的からだと思います。

ゲームが好きな人に向けて高額のハードを提供するよりも、少しでも性能を抑えて競合他社よりも少し安くハードを提供することで、一人でも多くのファンを獲得できます。

決して、ハイエンドユーザーを切り捨てているわけではありませんが、他社ほど、そこに重点を置いているわけではなさそうです。

今後については世界の需要によって変わると思いますが、現在の戦略が取られる限り、噂されているようなハイエンドユーザー向けのハードは発売されないのかと予想しています。

今回の新型Switchは買い替え需要の獲得

では、今回の新型Switchのターゲットは誰なのかというと、買い替え需要です。

任天堂の決算や発表会を見てもわかる通り、あと数年間はSwitchで勝負していくようです。

しかし、Switchの発売から4年ほどが経過しており、そろそろ故障が増える頃でもあります。

もちろん、任天堂の製品は長持ちしやすいということなので、まだまだ現役で遊べるかもしれませんが、全ての機械でそうかというと、そんな事もありません。

今や、パソコンやスマホですら、2年や3年で買い替えが当たり前になっています。

特に、毎日のようにゲームをしている人なら、その分、壊れやすくなっています。

そう言った人に買い替えてもらえるように、新型Switchを発売するのかと考えられます。

なぜ、新型を出す必要があったのか?

買い替え需要を獲得したいのであれば、「既存の方が安いし、そちらを売っていく方がいいのでは?」と考える人もいるでしょう。

しかし、同じものをもう一度買うというのはかなり抵抗があります。

iPhoneだって毎年のように新しい機種として発売されるから、ほぼ機能が変わっていなくても買い替える人がいます。

つまり、新しい製品として出すことで買い替えの心理的ハードルを下げる狙いなのだと考えられます。

先ほども言いましたが、任天堂としてはこれからもSwitchを盛り上げていきたいと考えています。

そのために、ゼルダの新作やスプラトゥーン3の発売を予定しておりますが、Switch本体の故障をきっかけに、Switchユーザーが減ってしまうのは、避けたいと考えているはずです。

しかし、故障というものは、どの機械にも付き物で避けて通れません。

なので、新型を出すことで、故障をしたとしても、そこでスイッチをやらなくなるのではなく、新型スイッチを一人でも多くの人が買ってくれるなら任天堂の戦略勝ちです。

故障したら修理の方が安いのでは?

故障した場合、新しく本体を買うより、修理の方が安いのは当たり前です。

CPUを交換したとしても13000円ほどで修理をしてもらえるので、半額以下で治すことができます。

だったら、「新型Switchなんて必要ないのでは?」と思うかもしれませんが、世の中には修理よりも新しい物が欲しいという人もいます。

こればかりは、その人によるので、正確な数字はわかりませんが、任天堂としては、意外とこの買い替え派が多いということを知っているのかと思います。

ちなみに、私の場合は、修理している時間も待てないですし、4年も使っているのであれば、修理箇所以外にも不具合が出る可能性があるので買い替えると思います。

新型Switchは意外と売れる

新型Switchは売れないという予想も出ていますが、私は意外と売れると考えています。

もちろん、これまでのように品切れになることは考えにくいですが、そこそこは売れて、世間の予想を超えてくるのかと考えています。

あくまでも予想なので、実際は発売してみてからのお楽しみです。

コメントを残す