涙袋を簡単に手にいれる方法

33 views

今や、女性だけでなく男性までも涙袋に憧れる時代で、時代をときめくアイドルで、涙袋がない人を探す方が難しいぐらい、マストアイテムとなりました。

メイクなどで、簡単に偽造の涙袋は作れますが、女性はともかく、男性であれば、メイクなどしてられないし、している人を見かけたら若干引いちゃいます。

そこで、今回は時間はかかってもちゃんとした自分の涙袋を作る方法をご紹介していきます。

 

①目の筋肉をつける

涙袋の正体は、目の周りの筋肉だと言われています。

なかなか、使うことの少ない、目の周りの筋肉を鍛える方法としては、まぶたを抑えて、目を閉じようとすると、筋トレの効果があります。

ただ、やりすぎは、よくないので、1日に10瞬きぐらいで十分かと思います。

 

②涙袋の部分をマッサージ

涙袋ができる部分を指で円を描くようにグリグリします。

これも、筋力がつく目の運動の一環ではありますが、血行を良くする効果もあります。

ただ、滑りが悪いので、ワセリンなどを塗る方が敏感な肌にストレスを与えることがなくできます。

イメージとしては、涙袋のぷっくりとした型を作るイメージですると、効果がでやすいと思います。

 

③保湿をする

涙袋といのは、保湿された状態の方ができやすいと言われています。

寝る前に化粧水・乳液をたっぷり目元に塗るなど、常に保湿に関して敏感に行動することが大切です。

また、オロナインやフェイスクリームなどを使用するとさらに保湿の効果は期待できます。

 

まとめ

①〜③を毎日心がけると、ほとんどの人は三ヶ月程度で、ある程度の効果が見えてくるはずです。

この三ヶ月を長いと感じる方もいると思いますが、これほど簡単に三ヶ月で手に入るのであれば、こんなににいい話はないと思います。

ただ、個人差があるので三ヶ月で涙袋が出ない可能性もあります。

また、もともとの体質により、涙袋ができても想像以上に小さい場合やクマと間違えるほど大きくなる可能性もあります。

そのことを予め承知の上で、お試しいただけますと幸いです。



最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事が少しでも面白かった・役に立ったと思ったら下のシェアボタンよりシェアをお願いします。

また、感想やご意見などもコメントにてお待ちしております。

コメントを残す