絶対に痩せられる「食料貯蓄ゼロ」ダイエットとは?

水着の季節到来で痩せたいと考える方も多いのではないでしょうか。

私の周りでも痩せたいと言いつつ、なかなか痩せれていない方を多く見かけます。

理由は様々な「ついつい食べてしまったり」、「運動しようと思っても出来なかったり」などなど。

そこで、今回はそんな面倒くさがりなあなたにぴったりのダイエット方「食料貯蓄ゼロダイエット」を伝授いたします。

 

食料貯蓄ゼロダイエットとは?

食料貯蓄ゼロダイエットとは、その名の通り食料の貯蓄をゼロにするダイエット方です。

食べ物はもちろん、飲み物さえも家に保存しない究極のダイエットです。

そんな事は不可能と思う方もいると思いますが、その日に食べる分だけを買えば全く問題ありません。

実際に私は冷蔵庫も家にないですし、カップ麺もありません。

調味料だけは、一気に使えるものではないので、保存はしていますが、調味料単体で食べる人は皆無に近いので実質ゼロと言って問題ありません。

一人暮らしだから出来る事と言ってしまえばそうかもしれませんが、家族がダイエットに協力的であれば、ゼロは無理でもゼロに近づける事は可能です。

 

食べたい時に食べたいだけ買う

おそらく、多くの方はまとめ買いの精神から少なくとも2〜3日分はまとめて買っている事でしょう。

しかし、考えてみるとダイエットの1番の天敵は誘惑です。

家に食料があるという事は、食べてしまうリスクが増えるという事です。

特に寝る前の飲食はダイエットにはもちろん、健康的にも悪く控えた方がいいと言われています。

そもそも、食料がなければお風呂に入った後、どれだけお腹が空いていようと、買いに行こうとは思いません。

これだけで、どれほどのダイエット効果があるかは、計り知れたものではありません。

とにかく、買い物においては、その日のうちに食べれる分だけを買うことが重要です。

 

水が飲みたくなったら?

どうしても水が飲みたいけど、水道水を飲むには抵抗があるし、冷蔵庫がないので家にもないという場面が多々あります。

そういう時は、迷わず買いに行ってください。

その行為こそが、日頃の運動不足も解消してくれるはずです。

たとえ、家から100メートルほどにコンビニがあったとしても、往復で200メートルの運動になります。

消費カロリーは少ないですが、毎日となると大きな効果が得られます。

買いだめをしないという事は、買い物に行く回数も増え、その分、運動も出来るということになるのです。

 

面倒くさいから食べない生活へ

このダイエットを始めるとわかると思いますが、土日など家から出ない日は、お腹が空いても買いに行く行為自体が面倒くさいと感じます。

その結果、1日一食になったりと、ダイエットに繋がるのです。

また、食事が終わった後にもう少し食べたいと思っても、また買い物に行かなければならないので、諦めがつきます。

このように面倒くさいがダイエットに繋がるのです。

 

運動はしなくてもいいの?

運動に関しては、した方が良いに決まっていますが、無理にしても続かないので、あまりオススメしません。

ただ、日常の歩く速度を少しだけ速くするなど細かい部分で運動不足を補ってくだい。

少し早歩きをするだけでもかなりの運動になりますし、難しいとされている太もものダイエットにも繋がります。

小走りとまではいかなくても、ほんの少しだけ速く歩く事を意識してみてください。

 

他には何もしなくて月に1キロ減!

私はこららの方法で月に1キロ程度減量しています。

たった、「1キロかよ」と思う方もいるかもしれませんが、もともと身長が170センチ、体重65キロの私にとっては1キロの減量がどれほどすごい事か実際にやってみるとわかります。

しかも、現時点では3ヶ月連続で1キロ近くの減量に成功しているので、着実に成功していると言えます。

もともと、太っている方であればもっと効果が見えてくるでしょう。

ダイエットだけではなく、節約・貯金にも大きな効果を働かせてくれますのでぜひ、「食料貯蓄ゼロダイエット」を始めてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す