鼻毛を切りすぎるのが危険な理由とは?

皆さんは鼻毛の手入れをしっかりしていますか?

街では鼻毛の出ている人をたくさん見かけますが、個人的には不清潔だなと感じてしまいます。

おじさんならまだしも、若い男性や女性などであれば自分の評価を下げている事に気がついていないのかなと心配になる事もあります。

なので、多くの人は鼻毛の手入れをしていると思うのですが、切りすぎるとあまり良くないようです。

なぜ、鼻毛を切りすぎると良くないのでしょうか。

 

鼻毛の役割とは?

そもそも、鼻毛の役割とは何なのでしょうか。

人は鼻から空気を吸う時にゴミやウイルスも一緒に吸い込んでしまっています。

それらを体内に侵入させる前にブロックするのが鼻毛です。

そして、そのブロックしたゴミやウイルスが鼻糞なのです。

これがあるからこそ、人間は病気にかかるリスクを最小限にする事が可能になっています。

 

切りすぎるとブロック機能が弱くなる

鼻毛を切りすぎるということは、鼻からのゴミやウイルスの侵入を容易にしてしまうということです。

特にウイルスが簡単に侵入できてしまうと1年中、体調不良という事もあります。

また、鼻の粘膜から出る粘液による加湿機能が鼻毛がなくなる事で急激に低下します。

これにより、ウイルスにとって住みやすい環境になる為、さらに体調不良を引き起こす可能性もあります。

 

出ない程度に切る

鼻毛は切りすぎない方が良いと言うことはご理解頂けたと思います。

しかし、どの程度切るのがベストなのか分からない人も多いでしょう。

理想としては、鼻毛が外に出ていないギリギリのところが一番です。

正直、ギリギリの長さですと切る回数が増えるので面倒ではありますが、ウイルス侵入のリスクを考えると、仕方がありません。

 

鼻毛を抜くのはNG

たまに、鼻毛を抜く人もいますが、抜くのは絶対にNGです。

理由はフィルターを完全に取り外した状態になるからです。

これでは、ゴミもウイルスも侵入し放題になってしまいます。

また、鼻毛を抜くことで鼻が炎症を起こす可能性もあります。

鼻というのは、かなりデリケートな部分ですぐに炎症を起こします。

もし、炎症を起こしてしまうとかなり腫れ上がり痛いです。

こうならない為にも、鼻毛を抜くのだけは止めましょう。

 

ハサミよりも鼻毛カッター

鼻毛をハサミで切っている人も多いと思いますが、出来れば鼻毛カッターをお勧めします。

理由はハサミですと、誤って皮膚を切ってしまう可能性があるからです。

先ほども言ったように鼻はデリケートな部分です。

万が一、傷口から雑菌が入ってしまうと化膿してしまう事もあります。

なので、面倒でもったいないかもしれませんが鼻毛カッターの利用をお勧めします。

 

以上、鼻毛は不要に見えますが、大きな役割を果たしているものです。

身だしなみも大切ではありますが、必要だという事を忘れずに切りすぎには十分注意しましょう。

コメントを残す