自販機を使うと節約になる秘密とは?

皆さんは自動販売機を頻繁に利用していますか?

自動販売機は街中のあちこちにあり便利な反面、スーパーやコンビニと比べて割高です。

しかし、私が考えるにはスーパーやコンビニまで足を運ぶより、自動販売機を利用した方が長い目で見ると節約になります。

なぜ、割高の自動販売機がお得になるのでしょうか?

 

自動販売機は平均して50円程度高い!

自動販売機の価格は、場所やメーカーによっても異なりますが、ペットボトルが160円、缶が130円が標準です。

スーパーと比べると70円程度、コンビニと比べても30円程度高く、平均すると50円も高い計算になります。

もちろん、自動販売機の中には安い物もありますので一概には言えませんが、今回はこのデータをもとに話を進めていきます。

つまり、1年間で100回(約3日に1回)のペースで利用すると5000円も多く払っている事になります。

もし、コンビニを利用せずに、スーパーでしか買わない場合、年間7000円も節約できると言う事です。

 

ついでに買いが無駄を生む

どう考えても自動販売機の方が割高で、スーパーやコンビニで購入する方がベストだと思われますが実際は違います。

なぜかと言うと、スーパーやコンビニには魅力ある別の商品が沢山あり、飲み物だけを買うつもりが、お菓子やパン、おにぎりなども買ってしまうからです。

おそらく、多くの人がこの経験をしていることでしょう。

例えば、お菓子の値段が100円で、飲み物も100円だと仮定します。

そうすると、50円の出費増に繋がってしまいます。

確かにコスパは良いですが、出費が増えている事には違いありません。

万が一、毎回のように、ついで買いをしてしまうと年間で5000円の余分な出費が生まれてしまうと言う事です。

また、出費だけでなく、余分なカロリーも摂取しなければなりません。

つまり、スーパーやコンビニを利用する事は、人生において損をすると言えるのです。

 

自分に厳しくすればスーパーが一番

とは言っても、スーパーが一番安いのには違いありません。

なので、自分に厳しく、余計なものを買わないと決めて、スーパーを利用する事をお勧めします。

しかし、人間と言うものは自分に甘い部分もあります。

どんなに事前に決めていたとしても、目の前の誘惑に負けてしまう事もあります。

だったら、最初からお金を持っていかなければいいのです。

飲み物代だけを握りしてめてスーパーに行けば、いくら欲しくても余分な物を買う事は出来ません。

流石に、一度自宅に戻って再度来店と言うのは面倒なので諦めが付くはずです。

ぜひ、飲み物を購入する事が多い人は、明日からでも実践してみて下さい。

コメントを残す