ギャンブルで勝つ心理学とは?

ギャンブルなんて確率論で、勝つためには運が必要だと思っていませんか?

確かに完全確率のギャンブルにおいて勝てる人は運がいいと言えるでしょう。

しかし、運だけを持っていてもギャンブルで勝つ事は出来ません。

ギャンブルで勝つためには心理学も活用しなければならないのです。

そこで、今回はギャンブルで勝つための心理状況をご紹介します。

 

結論=冷静を保つ

結論から申しますと、ギャンブルで一番必要な事は「冷静を保つ」事です。

ギャンブルをしている最中はアドレナリンが分泌され、興奮状態になります。

それを抑えて冷静を保つ事が出来れば、勝率が一気に上がります。

具体的にどれぐらい上がるのかというと2倍〜3倍ぐらいです。

基本的にやり続ければマイナスになるギャンブルですが、冷静さを保つだけでプラスになる事も有ります。

では、具体的どうやって冷静さを保つのかを考えていきましょう。

 

勝つ未来を想像しない

多くの人はギャンブルを始める時、勝てる未来しか想像していません。

しかし、勝てる未来を想像すると多くのアドレナリンが分泌され興奮状態に陥ってしまいます。

それを避ける為にも勝つ未来は想像しないようにしましょう。

だからと言って、負ける未来を想像するのも望ましくありません。

では、どうすればいいのか?

その答えは、ギャンブル=仕事(作業)と思う事でアドレナリンの分泌量を劇的に抑える事ができます。

 

どうして冷静だと勝てるのか

ギャンブルで勝つ方法は、負けの金額を最小限に抑える事です。

パチンコやスロットを例に考えてみてください。

大勝ちする時は、投資金額の少ない段階から当たりが出ていませんか?

つまり、少ない投資で「今日は勝てる」「今日は負ける」を見極めなければならないのです。

そして、この判断に必要なのが冷静さです。

冷静さがあれば、最初の数千円で今の自分に運があるのか、運がないのかを見極める事ができます。

これが、心理学を利用したギャンブル必勝法です。

もちろん、ギャンブルは胴元が儲かるように出来ていますので参加するだけでも損をします。

しかし、一部の人はそのような不利な状況でも確実に収益を上げています。

そこには、冷静さという武器を使っているのは間違いありません。

この冷静さを手にいれる為に、訓練などは必要ありません。

ただ単に、ギャンブルを作業にすればいいだけです。

ぜひ、ギャンブルをする時は、自分の心理状態をコントロールして挑んでみてください。

コメントを残す