対面しないで交際!?オンラインだけで判断するのはアリなのか?

新型コロナウイルスの影響により恋活も出来ない状況になりました。

そこで登場したのがオンライン恋活です。

マッチングアプリを通じて出会った二人が、オンラインデート(ビデオデート)を通じて、交際していくという流れです。

このシステム自体は素晴らしい事なのですが、オンラインのみで交際まで発展するカップルがいるというのですから驚きです。

一度でも会っているのならともかく、映像を通してしか会った事のない二人がどのように交際していくのでしょうか。

オンライン交際は早期破局が多い

当たり前と言えば当たり前ですが、オンラインデートを通して交際したカップルの中には早期破局が多くなっています。

実際に会ってみて違ったというケースは多く、個人的には破局する割合の方が多いのかと思います。

やはり、映像と実物では容姿はもちろんですが、雰囲気も全然違います。

カメラ補正により、見えなかった部分が見えると、やっぱり無理なんて事もあるでしょう。

特に身長や体型などは映像では中々、正確に把握することは出来ません。

会ってみたら思ったよりもデブだったなんてケースもあります。

そしてもう一つが清潔感です。

映像であれば、清潔そうに見えても、実際は不潔なんて人もいます。

特に臭いに関しては、実際に会ってみないとわからない部分なので、仕方がない事だと思います。

オンラインのみで交際する理由とは?

では、どうしてオンラインのみで交際まで発展するのでしょうか。

理由のひとつは、コロナ時代における出会いの減少です。

コロナによりリアルな出会いが少なくなってきました。

つまり、男女共に「焦り」があるのです。

なので、とりあえず付き合ってしまえと勢いで交際に発展していることは間違いありません。

また、オンライン交際の多くはお試し期間を設ける場合がほとんどです。

3ヶ月以内であれば、条件なく別れられるなどルールを二人で決めているそうです。

それだったら、とりあえず付き合ってみるのも全然悪くないと思います。

「とりあえず付き合ってみる」は良い流れになる

少子高齢化が進む原因の一つに、交際する人が少ないというのもあるようです。

つまり、とりあえず付き合ってみようが増えると、必然的に交際数が増えます。

よって、結婚率が上がる可能性もあります。

特にこれからは不景気の時代に突入することから、独り身で遊ぶというのは中々難しい時代になってきます。

そうなると、パートナーを見つけて落ち着くという人も増えるわけで、少子高齢化の解決に一歩繋がるかもしれません。

そこまでの効果はないとしても、草食系男子にとってとりあえず付き合うはかなりハードルが低くなります。

個人的にはこのような流れが続いていくのは社会全体にいい影響を与えると考えています。

オンライン交際以外でもとりあえず付き合ってみよう

というわけで、移動制限が解かれ、マッチングアプリを通して出会った二人がデートをする場面を街で見かけるようになってきました。

とりあえず、付き合ってみようというのは、何もオンラインだけではありません。

リアルで会っていたとしても、とりあえず付き合ってみるのは有効だと思います。

通販にだってクーリングオフ制度が存在するぐらいです。

だったら、恋愛にもお試し制度があってもおかしくはありません。

ぜひ、「とりあえず付き合ってみる」が流行る事を期待しています。

コメントを残す